FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

まさに穴場、五感が唸る名店中の名店。「タンドールバル カマル2号 」(亀戸)

「カッチャルバッチャル」「ディルセ」と並ぶ「ダバ系」(ダバインディア出身シェフによるお店)の名店にして、押しも押されぬ大人気店、木場「タンドールバル カマルプール」。
その2号店が亀戸にオープンしています。


「タンドールバル カマル2号 」

2019年3月オープン。
大人気店の2号店でかつ、都心からのアクセスも良好ということで、満を持しての予約訪問だったのですが・・・
我々以外に客の姿はなし。(新型コロナ渦より前の1月に訪問)
なんて勿体ないんでしょう!!

となれば存分に楽しませていただきますよ。


★カマルビア ¥680

ハートランドをベースにコリアンダーがたっぷり入ったビール。
スタートはこれで決まりです。


★砂肝のコンフィ ¥580

キュッと柔らかい砂肝に、ホールそのままのコリアンダーシードがザクザク。
まぁ、初っ端から滅茶苦茶美味しいですよね。


★白子のマサラソテー ¥980

これはエロい、エロいです。
おかしな気分になっちゃいます。
そういう気分になりたいときに是非。


★ラムミントカレー ¥1380
★ゴルゴンゾーラクルチャ ¥780


「カマルプール」に来たら絶対頼むべきメニューがこの組み合わせ。
これに昇天して記事書いたら、その後井之頭五郎さんが来て同じ組み合わせを食べていました。
ちょっと嬉しい気分。

ラムミントはその魅惑的な響きから来る期待をしっかり受け止める香りと味わい。
ゴルゴンゾーラクルチャは、「ダバ系」各店の印籠的存在であるチーズクルチャの上位互換で、ブルーチーズと蜂蜜が混ざり合ったオトナの味わいは、日本でいただけるクルチャの中でも最高峰のヤバさといえます。
・・・ってか、何回でもおかわりしちゃいますね。

おや?

ピザかしら?


闘牛士かしら?

いえいえ。

★ルマリロティ ¥550

空中でクルクルクルッと回して大きく薄く広げた、通称「ハンカチロティ」。
綺麗に仕上げるには技が必要なので、あんまり置いているところがない逸品です。
かつて銀座にあった「ダバインディア」の系列店「カイバル」のルマリロティがめちゃウマだったんですが、ここのもそれに匹敵する仕上がり。
ラムミントカレーとの相性も抜群です。


★名物 鯖カレー ¥1250
★イエローライス ¥350


海鮮系も美味いのが「カマルプール」の魅力。
滋味あふれる鯖カレーにはやはりライスが良く合います。

あまりに空いているので最初は不安だったのですが、なかなかどうして、本店に勝るとも劣らないクオリティ。
名店中の名店と言っていいレベルのこのお店が、亀戸にあることをまだ知らない方が多いのでしょうか。

いずれにせよ、まさに穴場。
今のうちに行っておくべきお店ですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

外房で、チェンナイ出身シェフによる南インド料理。「南インド料理 チェンナイ」(東金)

東金で南インドの料理がいただける「グッドアース」に出会った私ですが、
もう一軒、南インド料理レストランを謳うお店が東金にはあるんです。

「南インド料理チェンナイ」

南インドチェンナイ出身、インドの四つ星ホテル「SAVERA」にいたシェフによるインド料理店。


ブルーグレイの壁に豪奢なカーテン、そしてサリーなどインドの民族衣装が飾られた店内
実に素晴らしいですね。

メニューを開けば、南インド料理に特化しているわけではなく、ナンやタンドリーチキンといった(日本では)定番の北インド料理もあれこれ。
ナンはデカさが売りらしく、各種カレーもナンに合うようクリーミィな仕立てになっています。

一方南インド料理はといえば、

各種ドーサにウタパム、サンバルにラッサムなど。
カレーは北インドまたは南北共通のものが殆どであることもあり、南インドミールスの提供はしていないようですね。

この地でいきなり南インド料理だけを提供してもパイが取れないでしょうから、そこはそういう判断なのでしょう。


けれど折角の外房南インド料理店、はっきり南インドで、お店としてもプッシュしているドーサを頼むことにしました。
ここで注意したいのは、多くの南インドレストランでドーサを注文するとチャトニやサンバルが付いてきますが、この店ではシンプルにドーサ単品のみの提供ということ。
何かにつけて食べるなら、別に注文が必要なのです。
各カレーにはハーフサイズ(Ssize)設定があるので、そこから選ぶことになるのですが、殆どがクリーミィな北インド系で・・・
結局この組み合わせ一択となりました。


★バタードサ ¥530
★サンバールーカレー Ssize ¥680



ギーを塗ってパリッと仕上げるギーローストドーサのバターバージョン。
本来は綺麗な三角帽ビジュアルなところ、生地の厚みにムラがありバランスが崩れているのが少し残念ではあります。
お味はしっかりバター味に加え、(おそらく砂糖の)甘み。
味濃く、何もつけずに楽しめますが、やはりそれでは寂しいですよね。

ということで南インドで定番の野菜カレー、サンバルを組み合わせてみました。
ただ、「サンバール」ではなく「サンバールカレー」とある通り、北インドのナンにも合うようなこってり仕様となっています。
辛口でオーダーしたら、強烈な酸味と甘さのあとからグワッと辛さが押し寄せてきます。
よく見ると刻みのレッドチリが入っており、なかなか激しいサンバル、もといサンバールカレーとなっています。
ドーサが負けちゃうほど。

いずれにせよ、外房で現地シェフが作る南インド料理はかなり貴重。
いつの日か、ガッツリ南インドテイストの料理を提供できるようになれば良いですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
にほんブログ村

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

東金で見つけた、素敵な一軒家の南インドカレー店。 「Good Earth グッドアース」(東金)

東金で見つけた、素敵な一軒家の南インドカレー店。


「Good Earth グッドアース」

絵本に出てきそうな外観。
緑に包まれた庭にはハンモック。

ゆったりした空気が都会の喧騒を忘れさせてくれますね。


店内は古民家風。


寛ぎの極みですぞ。


物販コーナーではインドや東南アジア・中東から集められたグッズも販売しています。
一貫するのは、地球と共生するイメージですね。

女性シェフをお手伝いし、メニューを持ってきたのはまだ小さい娘さん。
アットホームな雰囲気に和みます。
けれどこの娘さんも既に南インド現地体験済みらしいですよ・・・凄い!


カレーは定番のチキンカレーのほか、
・ポークビンダルー
・ビーフキーママタール
・ひよこ豆のカレー
・スパイシーチキンカレー
のローテーション。

いずれも安全素材にこだわり、野菜は無農薬または減農薬、肉は飼料に抗生物質不使用のもの、塩や油にもこだわっています。
カレーのオーダーは1種か2種盛りかが選べるのですが、この日はちょうど売り切れ寸前だったこともあり、2種盛り価格で3種盛りにしてくださいました。


★3種盛りカレー
・チキンカレー
・ビーフキーママタール
・ひよこ豆のカレー


見ただけでインド料理への愛を感じるビジュアル。

この時点でクオリティ間違いなし。


◎ダルスープ

まずこれが決まってた。
マスタードシードとクミンの香りがしっかり移った油の香ばしさ(良い油ですね。)、フレッシュカレーリーフの香り。
ダルが美味い店は信頼できます。


◎チキンカレー
辛さは控えめ、肉の旨みとシンプルなスパイス構成で仕上げた定番チキンカレー。
シナモンの甘い香りが印象的です。


◎ビーフキーママタール
キリスト教徒やムスリム教徒が共存する南インド、特にケララ州らしい牛肉& グリーンピースのキーマカレー。
こちらはなかなか濃厚で程よい辛さ。
香りもパンチがあって素敵ですよ。


◎ひよこ豆のカレー
こちらも南インド式。
フレッシュカレーリーフがふんだんに入っています。
ベジタリアンにも対応できますね。


★Organicブレンドコーヒー ¥350

寛ぐ・・・実に寛ぎます。

普段は近隣のお客さんが多いというこのお店。
以前は南インドミールス専門でやってみたところ、流石に立地的にもハイブロウすぎて、今のスタイルに落ち着いたそう。

そりゃそうです。
千葉県全体を見渡しても現地式の南インド料理を提供する店は数えるほどしかない。
ましてやミールスを常時出す店なんて勝田台「葉菜」くらいのもんじゃないかしら。
そこにきてこの場所でこのクオリティの南インドカレー。
素晴らしすぎるとしか言いようがありません。

外房観光のお供に南インド。オススメです。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

グッドアース



関連ランキング:インドカレー | 東金駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

カレー好きによるカレー好きのためのスパイスカレー、そしてクラフトジュース。「HAATY's ハーティーズ」(秋葉原/浅草橋)

頭上の看板がいきなり、
「Do you like Curry? ~カレーは好き?~」
と問いかけてきた。
思わず「はい。」と答えた。


「HAATY's ハーティーズ」

秋葉原からも浅草橋も徒歩10分くらいの場所に2020年2月20日オープンした「スパイスカレーとクラフトジュース」のお店。


店主はカレーマニアとのことで、期待が高まります。


★自家製クラフトコーラ ¥350

数種のスパイスをブレンドして仕上げた自家製コーラ。
クワーッと辛くてスパイシー、私の好みにドンピシャです。
テイクアウトも可能、夜はこれをベースにしたカクテルも出しているみたい。
必殺メニューですね。


カレーはチキンカレー、キーマカレーと日替わりカレーの3種。
この日の日替わりはなんとシオカラカレー、立川「シギリヤ」を想起する魅惑のメニューですが残念ながら売り切れ。
まあ初訪問ですし、基本メニューを頼めと神のお告げでしょうか。


★2種あいがけカレー ¥1200
・チキンカレー
・キーマカレー
ライス:中(250g)
辛さ:4
・あげナストッピング +¥100


いやはやこれは魅惑のビジュアル。
細部にまでカレー愛を感じるテクスチャーです。
早速いただいてみましょう。


○チキンカレー
まぶされたカスリメティなど、大阪スパイスカレーを彷彿とさせつつ、欧風カレー感もある看板カレー。
オリジナルマサラとヨーグルトを加え一晩マリネしたというチキンはいくらでも食べられる美味さです。


○キーマカレー
カツオ、サバ、いりこ、日高昆布の和風出汁をベースに仕上げた和風ポークキーマ。
凝縮されたドライな食感と爆発する旨味・・・これがなかなかのツボ。
絶対あいがけすべし。

そして、おっ!と思ったのはパパドの代わりに添えられたコーンチップ。
なるほど、これはカレーにとても会う良いものだ!!

なかなか渋い場所にあることもあり、知名度はまだ高くはないものの、
カレー好きのツボを押さえた魅力溢れるお店。
日替わりメニューを見るに、伸びしろだってもっともっとありそう。

これは期待のお店が誕生しちゃいましyた。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ハーティーズ



関連ランキング:カレー(その他) | 浅草橋駅秋葉原駅岩本町駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

酒も美味いし料理も美味い、何よりカレーが大当たり。「情熱ダイニングIROHA」(池袋)

こんなコロナ禍の中でもふらり入った居酒屋のカレーが大当たりなのだから、カレー運はコロナより強い。

池袋西口、「火星カレー」「マレーチャン」などスパイス料理店が犇めく通称(私が言ってるだけ)スパイスストリート。
その先っちょ、「マレーチャン」のほぼ向かいある居酒屋にふらり突入。



「情熱ダイニング IROHA」

新店?と思ったら2019年1月から営業しているようです。
全然気付かなんだ。


酒が並ぶ、ズドンとしたカウンター席もカッコイイ。
お店の奥には半個室席もあり、いろんなシチュエーションに使えそうです。

メニューは海鮮、肉、徳島うどんと多彩。
そして何より、カレーメニューがたくさんあるんです。
それでは行ってみましょう。


★生へべすサワー ¥650

へべすは宮崎のマイナー柑橘。
強い香りと酸味が素敵ですね。
お通しはお豆腐・・・と思ったらなんと明太子クリームチーズ!


★うる目イワシ炙焼き ¥550

マイワシ、カタクチイワシに次ぐ第三のイワシ、ウルメイワシは旨味溢れる苦さが魅力。
これは日本酒が飲みたくなります。


★雁木 純米無濾過生原酒 ¥550

なかなか辛口なおりがらみ生原酒。
ちょっと面白いお酒がちょいちょいあって、お酒好きにもオススメのお店ですね。

カレーメニューは4種類。

カレー屋さんもびっくりIROHA牛すじスパイシーカレー
自家製牛すじカレーうどん温玉のせ
自家製牛すじカレーバケット添え
串揚げカレーフォンデュ


どれもこれも魅力的ですが、まずはやはり基本のカレーライスで。


★カレー屋さんもびっくりIROHA牛すじスパイシーカレー ¥900

多すぎず少なすぎずの程よいサイズ。
見ただけでこれが美味いカレーとわかります。


カレー本体は程よくスパイシー、そして何より牛すじが旨味たっぷりで美味すぎる!
しかも居酒屋の牛すじカレーって、旨味はあっても具材が少ないことが多いのですが、こちらはとにかく贅沢。
「カレー屋さんもびっくり」というキャッチフレーズも決して誇大ではありません。

軽い気持ちで入ったお店ですが、意外な当たりを引きました。
これは池袋に良いお店を見つけましたよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

IROHA



関連ランキング:居酒屋 | 池袋駅要町駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ