fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

シドニーから逆輸入のチキンカツカレー店。「けんちゃんカレー 中野店」(中野)

日本のカツカレーは海外で人気。
特に豚よりも宗教上の制約が少ないチキンカツカレーは、英国で「国民食」といわれるほどの地位を確立しています。


「けんちゃんカレー 中野店」

日本人経営者によりオーストラリア・シドニーで開業した「けんちゃんカレー」。
2020年に逆輸入ブランドとして日本に上陸、オーナーの故郷である町田をはじめ中野、新宿、秋田などに展開しています。


メインコンテンツはやはりチキンカツカレー。
こちら中野店はカウンタースタイルの小さな店ですが、カウンター奥にはデリバリーオーダーの端末がズラリ。
メインのサービスがフードパンダなあたり、海外発ブランドらしいですね。


★チキンカツカレー ¥780

予想通り、なかなかのボリュームですね。
皿ではなく、少し浅めの丼スタイルでの提供はやはりJapanese Foodを強調してのことでしょうか。
全てのカレーには味噌汁がついてきます。


カレーはシンプル。
日本のカレーライスとしては粘度は少し低めで、量の割にはスルスル食べられます。

チキンカツはガリッと硬めの衣が特徴。
衣の油がジュっと染み出しジューシーです。


★キムチ ¥100

たっぷりのカレーに目を奪われ油断していましたが、お米の量もなかなかのもの。
後半はカレーに代わりキムチが活躍しましたよ。


とにかく、お腹いっぱいになりたい方にもってこいのお店。
まずはデリバリーで試してみるのも良さそうです。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

古都奈良の総合ハラールレストラン。「PY HALAL KITCHEN」(近鉄奈良)

日本が誇る国際的観光スポット、奈良。
当然ながらさまさまな国、さまざまな信仰の方々が訪れるわけです。
こちらは奈良を訪れるムスリムの方々が安心して食事することができる総合ハラールレストラン。


「PY HALAL KITCHEN」

店頭にズラリ並ぶ多彩な料理写真が圧巻です。

ビリヤニからオムライス、アジア各国の麺まで。
そのメニューを見れば、お店の方の国籍、主要顧客の国籍が頭に浮かんできます。


まず、東南アジア華僑の1集団であるハッカの麺なんかが置いています。
ハラールレストランでこれを頼むのはマレーシアのムスリムである確率がかなり高い。
最近は日本の観光地でマレーシア観光客の団体を見かけることも増えました。奈良なんてまさにそうでしょう。
そうこうしているうちに「テレマカシー!」なんて声が聞こえてきました。
カラフルな色のヒジャブを被った女性たち。間違いなくマレーシアからのお客さんですね。

しかし、だからといってこの店のオーナーがマレーシア人である可能性は低い。

だってこの内装、マレーシアのセンスじゃないから。

そして私は推理を続けます。
こちらのカレーのページ。

いくつかの定番インドカレーに混ざって「ビーフブハナ」というメニューがあります。
これ、バングラデシュで良く食べられるドライタイプのカレー。日本語表記はよく「ブナ」と書かれるのですが、こちらでは「ブハナ」。Bhanaという元の発音をカタカナにした感じですよね。
これでほぼ、推測できました。

観光目的で日本に来るバングラデシュ人の少なさを鑑みれば、わざわざこのメニューを用意しなくてもインドカレーやビリヤニを置いておけば問題ないはず。
あえてこれを置くというのは在日バングラデシュ人コミュニティに向けたものと考えるのが自然です。

それに、この店の質素な内装のセンス、東南アジア系のセンスでないのはもちろん、重厚好みなパキスタン人でもなければプライドが高いインド人でもない、ヒマラヤの写真を飾らずにはいられないネパール人とも違います。

至るところ、バングラデシュ人のお店に特有な質素な感覚、家具に木材の色味を好む傾向も見え隠れしています。

それはさておき、何を食べようかしら?
ここじゃなきゃいただけないものは、と。

ラムうどんなるものを見つけました。
古都奈良のハラールレストランっぽい!


しかも楽しいのは、全てのうどんメニューは「Spicy」にアレンジ可能なんです(笑)

「ラムうどん、スパイシーにできますか?」
「もちろんです。だいたいなんでもできますよ。なんでもオッケーです。」
フレンドリーでアバウトな対応にココロが和みますね。


★ラムうどん スパイシー ¥1600

おお、予想はしていたが質素なビジュアルか素晴らしい。まるで家族経営のセルフうどんのようです。
それでもなお価格が強気なのはハラールの競合店の少なさを暗示していますね。


乗っかった目玉焼きに隠れていましたが、ラムのブロック肉が結構入っています。うどんの麺は見た通りイメージした通りの味と歯応え。
そして汁、かなりスパイシーになっています。
というかカレーです。日本のじゃなく、ガッツリ油にスパイスの香りが移ったバングラデシュのジョル(汁タイプのカレー)です。

なんとも珍奇で面白いですね。

お会計時、答え合わせしてみました。

「シェフとオーナーはバングラデシュの方ですか?」
「そうです。」

ビンゴ!!


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ピーワイハラールキッチン



関連ランキング:インドカレー | 近鉄奈良駅奈良駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

新店!キッチュ&POPな空間で旨み押しスパイスカレー。「カカカリーリニニ」(本町)

「バビルの塔」福田塔主、「ハルモニア」ケンジさん、「ワナイートカレー」ピコロックとともにカレー系バンド(?)「B盤BABYS」のメンバーとして活動するレミさんがついに自らのカレー店をオープン。

場所は本町、雑居ビルの2階。


「カカカリーリニニ」

2021年12月20日オープン。
頭がバグりそうな店名ですが略称は「リニニ」、英語表記は「Re:NEAT NEAT」です。

まず驚くのは内装。

キッチュでPOPでかなりのオシャレ。
もともとカラフルな出で立ちのレミさんらしい世界観ですね。


★リニニスペシャル ¥1100

選べるカレー2種に加え、副菜5種のワンプレート。
カレーは
・牛ホルモン
・豚ミンチのキーマ
をチョイス。
オプションで辛味アップのルヌミリス +¥50 を追加しました。


看板メニューの牛ホルモンカレーは旨みしっかりながら重くなく、サラリといただけます。
ガッツリ鰹のような旨みが溢れるのはスリランカのモルディブフィッシュを用いているからですね。
そう、プレートの随所にスリランカテイストが散りばめられているのがこの店の特徴なんです。
ココナッツと唐辛子、モルディブフィッシュで作るスリランカのふりかけポルサンボルはちょっと珍しい千切りタイプの食感押し。
オプション別添えのルヌミリスは辛さ追加の味変に良いですね。


こちらは副菜無しの2種盛り。
リニニスペシャルのライスがちびまる子ちゃんの前髪みたいなギザギザなのに対し、こちらはポケモンの「でんきタイプ」のような稲妻盛り。
このライスの型は陶芸も嗜むレミさん自ら作成しているようですよ。


★ラムチャイ ¥550

昼から飲みたい、けどチャイにしとこうかな?
なんて葛藤を受け止めるドリンクで締め。

新店ながらしっかりした料理のクオリティは、流石のカレー愛。そしてカレー店勤務の経験が生きていると感じました。
まもなく夜営業もスタート予定とのこと。
みなさん是非行ってみてくださいね。


帰りにB盤BABYSのステッカーもらっちゃいました。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カカカリーリニニ



関連ランキング:カレー(その他) | 本町駅西大橋駅阿波座駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

タイ、南北インド、中国東北料理まで揃う惣菜店誕生。「エスニック惣菜 MENAM」(渋谷)

「西インド会社」をご存じでしょうか?

・・・いや、世界史に出てきた東インド会社じゃありませんよ。

「西インド会社」は神保町を中心にアジア諸国のエスニックレストランを展開する企業。
漫画「美味しんぼ」のカレー回の料理監修をした神保町「マンダラ」、都内に数店舗展開するタイ料理「メナムのほとり」、タイスキの「ムアンタイ」、南インド料理の「タマリンド」、中国東北料理の「羊福」・・・・
東京エスニックシーンを陰で支える「西インド会社」がこのたび、エスニック惣菜の事業を始めました。


「エスニック惣菜 MENAM」(メナム)

渋谷東急フードショー「しぶちか」に2021年7月10日オープン。


惣菜はインド料理、タイ料理を中心としたラインナップ。
ポピュラーなものだけでなく、インドのスナック「パニプリ」やタイの「プーパッポン」、中国東北の「羊肉と長芋のクミン炒め」のように気の利いたものまで。


人気メニューを組み合わせたお弁当も半橋しています。


★魚介のカレー味炒め(ポンカリー)&カオマンガイ ¥1188(税込)

プーパッポンのカニを海老に置き換えたポンカリー(クンパッポンカリー)、トードマンクン、生春巻き、カオマンガイがひとつになったお得セット。
流石の「西インド会社」だけあって本場体シェフが仕込んだリアル仕様となっています。
特にトードマンクンが流石の美味さだなぁ。
ポンカリーのエビが加水じゃなければなお完璧でした。


★チキン65 ¥702(税込)

こちらは語源が謎とされる南インドのスパイシー鶏唐揚げ。
ブラックペッパーとニンニクがガツンと効いた上に、レモングラスがたっぷり使われているあたり、総合アジアン惣菜店ならではのアレンジです。
ビールのおつまみに最高なので、これだけ買って帰っても大吉。

安定満足のクオリティだけあって、価格は安くはないのですが、そこはそれ、ほら。
閉店間際に行くといい感じの割引があるかもですぞ。

こまめにチェックしてみて。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

MENAM



関連ランキング:デリカテッセン | 渋谷駅神泉駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

京の老舗のクールジャパンカレーうどん。「味味香」(祇園四条)

創業1969年。
八坂神社脇に店を構える、京の老舗カレーうどん。

「味味香」(みみこう)

出汁にこだわる京の食文化の中、昆布と鰹節の旨味を引き出した"旨み出汁"に独自調合したカレースパイスを加え、片栗粉でとろみを加えた「京のカレーうどん」。

2015年には国のクールジャパン事業において"日本が誇るべき優れた地方産品"に選ばれたそうです。


麺は中太麺、細麺、中華麺から選択可。
出汁感とカレー感のバランスも調整でき、
【普通】は出汁感活かし、
【2倍】はカレー感を強調、
【1.5倍】はその中間のバランスとなっています。


★とり天カレーうどん ¥990(税込)
・スペシャルチーズトッピング ¥165
・麺:中太麺
・カレー風味濃さ1.5


きつね色の鶏天、白いクリームチーズが美しいですね。


片栗粉たっぷりのカレー汁はアッツアツ。
舌がヤケドせぬよう慎重に口へと運びましょう。
カレー風味濃さ1.5でオーダーしたのですが、昆布と鰹節出汁の旨味はしっかり感じますね。


麺は中太麺、といっても元々細い京都のうどん。
繊細なタッチです。
薄く輪切りにされた九条ネギがまた今日の雅を感じさせますね。

そして鶏天、これがしっかりした味付けでかなり美味い。
他のカレーうどんにトッピング追加もできるので忘れずに食べましょう。

さて、オーダー時にカスタムできるのは麺の種類とトッピング、そしてカレーの濃さ。
辛さは卓上の七味や山椒で追加します。

いろいろあってワクワクしますね。

洋風七味はクミンやコリアンダーなど7種のスパイスを加えたもの。
チリパウダーと山椒を合わせた赤山椒と一緒にかけるといい感じに辛さと香りがブーストされましたよ。

カレーを味わいながら京の風情も堪能できる。
アッツアツホットなクールジャパンカレーうどんなのでした。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

京のカレーうどん味味香



関連ランキング:カレーうどん | 祇園四条駅東山駅三条京阪駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ