FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

カレーの王様、ココが一番。「金子迦哩 かれー王国」(五反田)

なぜ王国なのか?

答えは簡単。
ここは「カレー王選手権」第1回と第3回の優勝者、
「Theかれー王」こと金子載氏のお店なのです。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
五反田駅からすぐの場所にあるこの店は、
ちょっと独特なカレー屋。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
納豆カレーやカルビチゲカレー、
チョリソーカレーに炒飯カレーと、
バラエティ豊かなラインナップ。

王様のアイデアが炸裂していますね。

・・・とはいえ、
この日は奇をてらわずこちらを注文。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
チキンカツカレー ¥950
辛さ二段階増し +¥100


ドスン!!

もうやんクラスの結構な大皿。
チキンカツだってかなりの肉厚ですよ。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
牛と豚の合い挽きキーマはなかなかバランスの良い仕上がり。
基本は日本のカレーライスですが、
随所にインド風のスパイス使いが感じられます。
それでいて、旨味や深みというベクトルよりも、
食べやすさと「カレーらしさ」というベクトルに重きを置いている感じ。
オリーブ油や胡麻油を使用しているため、
ライトでヘルシーなカレーなのもウリだそうです。

感覚的には、CoCo壱のハイグレード版とでも言いましょうか。
・・・いや、決して悪い意味じゃなく。

セットのサラダもボリューム充分。

ライスの量はカレーに比してちょっと多すぎました。
が、ガッツリ系の人にはこれでちょうど良いのかも?

ただ、辛さ増しだけは必要無かったみたい。
決して辛すぎた訳ではないのですが、
カプサイシンピューレのダイレクトなヒリヒリ感が舌に残り、
味覚のバランスがどうにも崩れた感じ、です。

・・・無節操ともとれるバリエーションの多さ、
インドと日本のカレーの間をとったその仕立て、
カレースタンドなのか居酒屋なのか判じかねる店内など、
カレーマニアの皆さんにとっては突っ込みどころの多い店ではありますが、
何ぶんこの日のランチタイムもほぼ満席。

昼はビジネスランチ、夜は飲み歩きという、
この五反田の客層を考えてみれば、
王様の方針もなかなか的を得ているのではないかと、
賑わう店内を見るにつけ、なるほど納得するのでした。



・・・と、まとめようとしたところ、
なんとこの金子の王様、
2010年11月25日、武蔵小山の地に、
「スパイスカフェ87(サタースィ)」
なるインド料理店をオープンしたらしい・・・
「金子迦哩 かれー王国」のバラエティ豊かなカレーに加え、
本格インド料理をプラスしたお店だそうで・・・

王様はどこまでいくのカナ~!!

金子迦哩 かれー王国
(カネコカリー カレーオウコク 金子伽哩)
TEL:03-3495-6356
住所:東京都品川区西五反田1-7-1 プラグマGタワー1F
五反田駅から99m
営業時間:11:00~23:00
定休日:日曜・祝日


↓一日一回。クリックはこちら

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
FLYING ROPEFISH!-ranking banner
食べログ グルメブログランキング

金子迦哩 かれー王国 スープカレー / 五反田駅大崎広小路駅大崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


関連記事

コメント

2. 無題

>woods2106さん
ブログのイメージとお店にいるときのイメージにもちょっとギャップあるかも。
お店では結構真剣な表情です。
スパイスカフェ87、如何?(笑)

  • 2011/01/12(水) 21:17:05 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

1. 無題

「スパイスカフェ87」は知らなかったなー。

金子氏のブログ見たけど,色々な面で?面白い方っすねww

  • 2011/01/12(水) 08:20:51 |
  • URL |
  • woods2106 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/936-7d5adf40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)