FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

日本最古の喫茶店。「可否茶館」(阿佐ヶ谷)

阿佐ヶ谷駅の改札を出て真正面。
高架下にある古びた喫茶店「可否茶館」。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
実はこの「可否茶館」、
上野黒門町で明治21年に創業した日本最古の喫茶店なのです。
(その詳細についてはこちらのサイトが詳しいようです)

ただし実際にはこの阿佐ヶ谷の店は、
昭和43年に創業者の孫が新たに再建したものであり、
厳密な意味では「日本最古の喫茶店の名前を継承した店」
と言った方が正しいのかもしれません。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
可否=カフェという文字をデザインしたロゴがなかなかの迫力。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
入り口付近の展示の数々も興味をそそりますね。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
広々と落ち着いた店内。
同じ駅前喫茶でも、スターバックスとはまさに対極。
紳士淑女の憩ひの場・・・とでもいった雰囲気です。

上野にあった「可否茶館」は2階建ての洋館で、
ビリヤード・トランプ・クリケット・碁・将棋から、
更衣室・化粧室・シャワー、そして各種の書籍・書画まで
閲覧できた凄い設備の喫茶店だったようですが、
流石に阿佐ヶ谷の高架下でそんなことは望めませんね。

さて、こんな喫茶店でも頼むものは決まっています。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
カレーライス ¥750
まさに由緒正しいカレーライスといった風。
いかにも、といった小麦粉のとろみだって、
正統カレーライスには欠かせない要素なのです。

ルーとライスのキワに配置された
福神漬けのレイアウトも完璧ですね。

ドリンクの追加は+¥250
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
もちろん珈琲です。
華々しさはないものの、とても落ち着いたコクのある珈琲。
オリジナルのロゴ入りカップセット・・・ちょっと欲しいですね。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
たまにはこんな空間で、
人と街の歴史に思いを馳せるのも良いものです。

可否茶館
東京都阿佐ヶ谷南2-42-1 ゴールド街2F
TEL:03-3338-4953
営業時間:8:00~24:00


↓一日一回。クリックはこちら

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
FLYING ROPEFISH!-ranking banner
食べログ グルメブログランキング

可否茶館 喫茶店 / 阿佐ケ谷駅南阿佐ケ谷駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0
昼総合点★★★☆☆ 3.0


関連記事

コメント

2. 無題

>きゃさりんさん
まさにソコです。よく知ってますね~
元々チャツネの代用品だった福神漬け、いまでは独自の地位ですね。

  • 2010/12/10(金) 09:40:07 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

1. コーヒー発祥の地

とかゆーちっさい碑?が黒門町にありますが、あそこかしら。
喫茶店カレーには、赤い福神漬が似合いますねー

  • 2010/12/10(金) 03:58:57 |
  • URL |
  • きゃさりん #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/901-064f72c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)