FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

透明なる存在感。「オクシモロン(OXYMORON)」(鎌倉)

行ってきました鎌倉。

行ってきました「オクシモロン(OXYMORON)」。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
二子玉川にあった「珠玉」のカレーが鎌倉に登場して一年あまり。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
雑貨屋とカレーカフェが一つになったその空間はとても居心地良く、
何よりも「素敵」という言葉がよく似合います。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
「OXYMORON」
=反対の意味の語を組み合わせることにより、
 奥行のある印象を生み出す語法のこと。


・・・面白い名前ですね。
試しに私もオクシモロンを多用してみましょう。
$カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
カレーは非常にバラエティ豊かで注文に迷います。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
お、カレーもスイーツも楽しみたいという
わがままな願いを叶えるセットメニューが用意されていました。
カリー+飲みもの+甘いもの ¥1800
というセットを頼んでみましょう。

料理を待っている間は雑貨を物色。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
オリジナルの食器、
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
オリジナルのアクセサリー、
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
オリジナルのアパレルまで…
ちゃんと「オクシモロン」のブランドタグまで付いてるんですよ。

そうこうしている間にカレーがやってきました。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
スリランカ風マトンカリー(激辛)
ビジュアルはなんとも北欧アジア風。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
見目麗しいカレーです。
激辛にしたのですが、野菜がよく煮込まれているからか、
甘みのある辛さに仕上がっていますね。
カレーリーフだってしっかり入っています。

カレーの後は甘いもの。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
今月の甘いもの マロンケーキ
大胆で繊細なビジュアル。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
写真では見えにくいですが、
生地にはマロングラッセが練りこまれています。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
オクシモロンストロングコーヒー
カレーの後の珈琲は濃くなきゃね。
こちらは京都の「カフェ工船」にてこの店のために焙煎した
インドの豆を用いているのだそう。
流石のこだわりですね。
とっても素敵なコーヒーカップは
ショップコーナーでも販売されています。

最後にはクルミのお菓子が出てきました。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
・・・これが伏兵的に美味い!!
カリッと柔らかく食べ応え充分。
これだったら一日中食べていられますね。

決して可愛すぎない洗練された雰囲気がなんとも心地よく、
いつまでも長居したくなるようなお店。

・・・でもね。
そうも言ってられないんです。
なんてったって、閉店時間が18時なのですから。

またその微妙な感じがなんとも憎い、愛すべき店なのでした。

オクシモロン (OXYMORON)
神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-28 2F
TEL:0467-73-8626
営業時間:11:00~18:00(LO17:30)
定休日:水曜日



↓一日一回。クリックはこちら

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
FLYING ROPEFISH!-ranking banner
食べログ グルメブログランキング

オクシモロン カレー / 鎌倉駅

夜総合点★★★★ 4.0


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/883-4c358514
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)