FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

「馬来西亜マレー」無限の世界。(祖師ヶ谷大蔵)

かりんさんにお誘いいただき、久しぶりのマレーへ。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
食べログあたりの評判が凄いことになっていて、
最近では入れないこともあるようですね。
(前回の記事はこちら)

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
エスニックで家庭的でありながら先鋭的という独特の空間は健在。
マスターがアーティストだとお店はここまで進化するのです。

まずはビール。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
シンガポールタイガー

さて、この日は5人も揃っているので、
クリエイティビティ溢れる至高の料理を沢山頼むことができます。
嬉しいですね!

まずはマレー定番のスターター。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
バクテーバビ
薬膳スープでもあるバクテー(肉骨茶)。
他にも何軒か食べられる店はあるのですが、
ここのバクテーはそのなかでもやはり出色。
シイタケの香りがなんとも豊潤です。

辛さはこちらの特製醤油で追加。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
青唐辛子入りの醤油なのですが、
新鮮な唐辛子を追加したばかりということで、
フレッシュな辛さが鼻腔を突き抜けます!
たまりませんね。

そしてもう一つ、マレー不動の定番といえばこちら。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
イスハパーニライス
完璧な造形美溢れる至高のカレー。
丸ごと素揚げのジャガイモ、ニンジン、玉子、そしてアーチ状のカボチャ。
それらの旨みがが奥深い香りのスープカレーの中に溶け合い、
そして時にはそれぞれの個性を主張し合い、まさに至高の口福を演出してくれます。

ちなみに「イスパハーニ」とはバングラディシュの茶葉の名前。
スープや肉を煮込むのにこの茶葉を用いているのが名前の由来です。

さて、マレーシアといえば華僑の国でもあり、
エビチリによく似たこんなメニューもあるのです。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
タマリンドプローン
プリプリのエビにタマリンドの酸味とチリの辛味が融合。
さらに最大限まで引き出された玉ねぎの甘みが加わり、
フレミングの法則の如く味に立体的なベクトルを生み出しています。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
トムヤムソーセージ
人気の「スモークハウスTERA」のぶっといソーセージ、
それに人参・ジャガイモ・キャベツ・セロリ・ピーマン・トマトを煮込み、
レモングラス風味に仕上げたもの。
凄く美味しいけど、何料理なんだろう?

あ、祖師ヶ谷大蔵料理か。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
ライスは新潟のコシヒカリ「仙見米」。
しかもこの日はまさに採れたてホヤホヤの新米が登場!
なんて贅沢な香り・・・

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
サンバルプタイ
マレー半島のジャングルに自生する豆「プタイ」と干しエビを、
ピリ辛の自家製サンバルと合わせた一品。
プタイ独特の食感が癖になりますね。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
クーバーフォー
フォーと言いつつ、実は日本の素麺を使ったメニュー!
ニュルリとした煮麺の食感がクリーミィなソースそしてふんわりとしたコフタに絡みつき、
ちょっと食べたことのない料理に仕上がっています。
素麺好きにこそ食べて欲しい、新発見の味!

いやぁ、たくさんのメニューを堪能しました。
そのどれもがオリジナルにして、変幻自在。
それでいて全てが最高レベルの満足を与えてくれるのが、
このお店の凄いところ。

もし仮に私がtwitterとかで海原雄山と知り合ったとして、
「至高の店を教えてplz」とか聞かれたとしたら、
迷わずこの店を推すでしょうね。

間違いない。

迷いません。

さてところで、
馬来西亜マレーのもう一つの楽しみといえばマスターとの刺激的な会話。
この日も存分に楽しませてもらいましたよ。

ジャン!
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
かりん庭園直送の唐辛子。

それを使い、唐辛子の辛さの秘密に迫る実験を始めるマスター。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
なるほどなるほど、
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
こうなってたのか…フムフム。

また一つ、賢くなりました!!

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
面白くてためになって、
美味しくて感動して元気になれる素敵な店、
馬来西亜マレーに今回も降参です!

ご一緒していただいたバナナメロンさん、ハニーレモンさん、Cygさん、
そして幹事のかりんさん、どうもありがとうございました!

あ、営業時間の変更があるようですよ。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
みなさんお間違えなく!


↓一日一回。クリックはこちら

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
FLYING ROPEFISH!-ranking banner
食べログ グルメブログランキング

馬来西亜マレー (東南アジア料理(その他) / 祖師ヶ谷大蔵)
★★★★★ 5.0


関連記事

コメント

4. 無題

>Karinさん
この日も素晴らしい料理の数々でしたね。
なんなんでしょう、あの特別な時間と空間は…もう既にまた行きたくなっています(笑)
ということでまた是非よろしくお願いします!

  • 2010/11/08(月) 09:01:58 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

3. 無題

>woods2106さん
フォーも他のメニューも最高でしたよ。込んでるけど事前予約で大丈夫!

  • 2010/11/08(月) 08:54:05 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

2. ありがとうございました!

同じく!私もオススメしちゃうと思います(笑)何度いっても感動してしまう、行きたくなるのは味はもちろんマスターや奥様の人柄もありますよね。
最後の唐辛子にはビックリしました(笑)
あれもこれもたべたくなるし、ボリュームもあるので一人ではなくやっぱり予約して何人かでいきたくなってしまうんですよね。
ということでまた是非お願いします♪

  • 2010/11/07(日) 10:10:01 |
  • URL |
  • Karin #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

1. 相変わらず

どの料理も素晴らしすぎる!
フォーが食べてみたい♪

また行きたいけど混んでるんでしょうねー^^;

  • 2010/11/06(土) 11:24:44 |
  • URL |
  • woods2106 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/840-12e871ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)