FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ドライカレーの総本山。「カフェハイチ 新宿本店」(新宿)

ドライカレーがあまりにも有名な「カフェハイチ」。
その本店にやって来ました。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
南国の香りを強烈に漂わせる外観。
ちょっと暗い階段を降りて地下へ。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
これまた南国の、ちょっとした妖しさを秘めた店内ですね。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
ハイチ風ドライカレー ¥914
挽き肉にギュッと凝縮した
スパイスの香りがたまらない、
ハイチの超定番。
今でこそ、このドライキーマタイプのカレーは
あちこちで食べることが出来ますが、
私が初めてこれを食べたときは一種の衝撃。
それまでドライカレーと言えばカレー粉を使った
ピラフタイプのものでしたから。

今、ドライキーマタイプのカレーを出している店だって、
直接的、間接的に「カフェハイチ」の影響を受けているところ、
多いんじゃないでしょうか。

そして、ここ本店ではこんな特別サービスセットがありました。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
ミニドライカレーとポアソ・シェクンの2種盛りプレート ¥1155

ドライカレーに、
ハイチ風揚げ物料理のポアソ・シェクン、
そしてイカスミピラフとサラダがセットになった一品。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
このポアソ・シェクンが凄く美味しい!
エビやキノコ等のコキュールをかけた魚のフライなのですが、
クリーミィなコキュールとフライのマッチングが、
どこかクリームコロッケのような風味に融合して最高。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
とろけるコキュールを、
イカスミピラフに混ぜたり、
ドライカレーと絡めてみたりと、
なかなか楽しみがいがある良いプレートですね!

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
サラダにはチリビーンズ。
ここにも手抜きはありません。

そして…
カフェハイチで忘れてはならないのが、
このコーヒー。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
リキュールを入れて…
うん、やはり美味い。
ドライカレーとのマッチングが最高なのです。

帰りにはドライカレーのルゥ(一人前350円)をテイクアウト。

新店開拓も楽しいけれど、たまには原点回帰も良いものですね。


カフェ・ハイチ 新宿本店 (Cafe HAITI)
東京都新宿区西新宿1-19-2 シルバービル B1F
TEL:03-3346-2389
営業時間:
[月~土] 11:00~23:30
[日・祝] 11:00~22:30
定休日:無休



↓一日一回。クリックはこちら

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
にほんブログ村

FLYING ROPEFISH!-ranking banner
食べログ グルメブログランキング

カフェ・ハイチ 新宿本店カフェ / 新宿駅都庁前駅南新宿駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★☆☆ 3.5


関連記事

コメント

2. 無題

>遊香さん
もしや…ハイチ人の血をひいているなんてことは…ないですね。

  • 2010/09/28(火) 17:58:00 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

1. 日本のカレーライスが

嫌いな弟がいたので、実家のカレーはいつもこういうドライカレーでした。
だから私はむしろピラフのタイプに衝撃受けた(笑)

うち40年も前からハイチの影響受けてたのかしら(笑)

  • 2010/09/26(日) 06:49:52 |
  • URL |
  • 遊香 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/808-abdf3db1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)