FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

カレエとバレエとラバドーサ。「インド割烹@Bar Terra」(三軒茶屋)

最近とみに活火山化している三軒茶屋の「Bar Terra」。
(前回の記事はこちら
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
ここで週末不定期に行われているイベントが何ともアツいのです。
その名も「インド割烹」。

スパイスの持つトランス効果でどこまでもハイになる・・・
まさにインド料理好きにはたまらない割烹空間です。

そしてこの日もまた、日本(裏)インド料理史に残る事件が…

なんと…

バーで

ドーサが登場!

三軒茶屋でドーサが食べられるのも初ならば、
ドーサが出てくるバーなんてのもあまり聞いたことがない。
さらに出てくるドーサが普通のドーサじゃなくてラバドーサだって言うんだから、
これは興奮する人だけが興奮する大事件なワケです!

※ドーサとは南インドで食べられているクレープのような軽食。チャトニをつけて食べるプレーンドーサ、ポテトマサラが入ったマサラドーサなどが一般的。セモリナ粉で作ったラバドーサは不規則に開いた穴が特徴で、東京では中目黒のシリバラジか御徒町のベジハーブサーガでしか食べることが出来ない珍品。

さあ、バーなのにドーサ用ホットプレートが登場ですよ。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
BGMは「夏の扉」。

ドーサにつけるチャトニも完璧。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
(上)ココナッツ&コリアンダーチャトニ
(左)チリトマトチャトニ
(右)グリーンチャトニ(ミント&コリアンダーチャトニ)


まさにインド国旗のトリコロール!!
チャトニだけで食べてもかなり美味しいのですが、
ドーサが焼きあがるまで、我慢我慢。

ドーサを待つ間に食べたいのは、やはりカレーですよね。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
カブカレー
カブがポタージュ状に煮込まれたカレー。
テラのカレーは店の雰囲気から想像できないほど「お袋の味」。
まあ、「お袋」と言っても形而上学的な「お袋」なのですが。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
ホットプレートではジュワジュワとラバドーサが焼きあがりつつあります。
BGMは「いとしのエリー」。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
さあ、
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
三茶初のラバドーサが完成する瞬間です。
BGMは「フレンズ」です。

そして・・・
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
完成!!!
ラバドーサ!!!!


カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
穴の開き方も絶品。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
このカオスなルックがなんとも素敵ですね!!

パリッとした食感と、3種のチャトニとのコラボレーションが、
いまここがどこの国なのかを曖昧にしてくれます。
これは・・・バーの料理としては満足度が高すぎるのではないでしょうか!!

おそろしいことに、食べる先から次々に焼きあがるドーサ。
まさにドーサバイキング!!
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
「ドーサってどーさ!?」
ん?そのどさんこ親父ギャグは・・・
覆面スープカレー職人ですね?
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
「もっとも~っとたけもっと!
ドーサ焼いてちょうだい!!」


さあ、この日のメニューはラバドーサだけではありません。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
焼きたてパパド

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
具沢山ラッサム

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
野菜のバジ(インドの天ぷら)三種

そして・・・
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
テラ名物、鯵カレー

美味いっ!!

こんな素晴らしい調子で夜明けまで突っ走るのだから、
このバーの素晴らしさといったら・・・・(笑)


文句なく濃厚なこの店、

ある人はコスプレバーと言い、

ある人はカレーバーと言う。

そしてまたある人は歌声喫茶と呼ぶ。

それらの表現はある面、真実で有りながら、
ある面、間違いのようです。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
あらゆる宗教の壁を取り払って初めて、
ニルヴァーナへと向う光が見えるように、

このお店に漂う変幻自在のソラリスの海へと身を委ね、
行き着く先までと行き着いてみる。

それがこの店の極上の楽しみ方なのだと。

そしてふと、見下ろしたとき、
足元遥か下にテラの大地が見えるはず。

その時あなたはこう気づくのです。

あぁ、私はここまで翔べるのだ、と。



・・・そして突然の次回予告。

「え? バーでイスラム式ビリヤニ!?」

coming soon!!



↓一日一回。クリックはこちら

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
にほんブログ村

FLYING ROPEFISH!-ranking banner
食べログ グルメブログランキング
関連記事

コメント

6. Re:無題

>spicecherryさん
わんこどーさ、素晴らしかったです。
これからもどんどん、裏歴史に残るイベントをやって行きたいですね!!

  • 2010/09/06(月) 00:36:32 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

5. Re:濃い!

>woods2106さん
まあ、woodsさんが来れば更に濃くなるという(笑)
ビジュアル的に。

  • 2010/09/06(月) 00:35:37 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

4. 無題

>オニオンさん
松田聖子が歌えれば大丈夫であります!

  • 2010/09/05(日) 23:00:10 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

3. 無題

素晴らしい構成と文章力に感心いたしました。
なんかすごいことをしているような錯覚に陥ります。朝までわんこそば状態が続きましたね。

  • 2010/09/04(土) 22:15:12 |
  • URL |
  • spicecherry #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

2. 濃い!

やっぱり濃いなぁ^^
次はちゃーんと行くで有ります!

  • 2010/09/04(土) 06:15:28 |
  • URL |
  • woods2106 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

1. 先生!

私はヘビーカレーブロガーではないので
デビューする自信がありません!

  • 2010/09/04(土) 00:32:22 |
  • URL |
  • オニオン #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/781-c53733f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)