FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ペンはケンよりも「剛(つよし)」が好き。(蒲田)

はるか南方の空から響き渡るクン・プーさんの号令。

「剛集合・・・ 剛集合・・・ 剛集合・・・

お!これは一大事。

東急線の先頭車両に飛び乗り叫ぶ。

「運転手さん、急いで!」

運転手「がってんだっ!」


リニアモーターカーよろしく蒲田駅へと到着する列車。
改札口で混み合う人混みの頭上を八艘跳びしながら夜の蒲田の街へ。
BGMは「キネマの天地」。
(※一部フィクション)

高架脇の細い商店街、その入り口に書かれた名は…

「バーボンロード」

なるほど、ヴァージンロードが花嫁の幸せに続く道ならば、
バーボンロードは呑んべえの底なしの闇へと続く道なのでしょうね。

バーボンロードの道半ば、
コインランドリーの前に輝く男らしい看板を発見。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
お、おぅ、コインランドリーの裏に店があるのですね。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
店へ入るとすでにクン・プーさんはじめタイ料理好きたちの饗宴。

…なんだか都会のこじゃれたタイ料理店とは、
一線も二線も画する家庭的な盛りつけの料理たち。

料理ドカッ!
野菜ぶった切り!


本格的とはまさにこういうことを言うのですね。
テンションが上がります。

その前に駆けつけ三杯。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
シンハービール

それでは、並み居る料理を見てみましょう。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
サイウア
唐辛子や香草入りの腸詰。
意外に唐辛子が利いてて美味い!これは必食!
・・・しかし写真ピンボケ。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
ネームクルック
タイネームソーセージ、バジル、豚耳、ピーナッツ、唐辛子などが入ったサラダ。
メリハリが効いてて美味しい。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
タムラオ
ラオス風激辛ソムタム。
クン・プーさんが持参したタイ産マナーオ(タイのライムみたいな柑橘)が
爽やかな酸味を引き立てます。
よ~く見れば、生の小さなカニが殻ごと入っていますね。
もちろんバリバリ食べますよ!

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
ナムプリックターデーン
唐辛子や香草や野菜、魚などで作った激辛タイ味噌。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
タイ茄子やキュウリ、キャベツなどをつけて。
野菜のフレッシュさと味噌の辛さが夏にもってこいの料理ですね!

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
タレーパッチャー
海鮮の香草炒め。
このお店、一品一品が辛めの味付けなのが嬉しいですね!

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
ゴイヌアコム
牛生肉の和え物(ラープ)。
生ですよ、生。センマイなんかが入っています。
初めて食べるけど、辛味の中に苦味があって美味しい。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
ナムプリックパラーサップ
アジのたたきで作ったナムプリック。
スパーシーなシーチキンみたい。
・・・とか言ってると時々凄く辛いのでご注意。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
プラーニンラードプリック
ティラピアのレッドカレー掛け。
カレーと熱帯魚。まさにこのブログ向きですよ~!
ココナッツミルクのリッチな味付けでした。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
ゲーンオムクルアングナイムー
豚肉とモツ入りの田舎風スパイシー汁。
これ大好き。
タイ料理には本来カレーという概念はないようですが、
辛い「ゲーン」はいわゆるタイカレーの範疇ですよね。
美味い!!!

いや~
クンプーさんお勧めとあって前から行ってみたかったお店なのですが、
名前のインパクトに負けない本格的なタイ料理の数々に感動。

ちなみに剛とはオーナー夫婦(タイ人)のお子さんの名前。
きっと、辛さに負けない剛健な大人に育つことでしょう。

「剛」、必ず再訪したい店となりましたが・・・
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
一人でメニューが読めるかがチト不安(笑)

ご一緒していただいた皆様、ありがとうございました。

タイ料理居酒屋 剛
東京都大田区西蒲田7-64-9
TEL:03-3733-1333
営業時間:10:00~22:00
定休日:無休


↓一日一回。クリックはこちら

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
にほんブログ村

FLYING ROPEFISH!-ranking banner
食べログ グルメブログランキング

タイ料理居酒屋 剛 タイ料理 / 蒲田駅蓮沼駅京急蒲田駅
★★★★ 4.5

関連記事

コメント

6. Re:無題

>*あんこ*さん
まさにどれがレギュラーメニューなのか判らないほどのバリエーションでしたね。
日本語メニュー、この日は全く見なかったです(笑)
カシミールも行きましょう!

  • 2010/08/09(月) 08:35:28 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

5. Re:無題

>DANNYさん
ド地元!
ならばここは地元の誇れるお店ですよ!
行ってみて下さい~

  • 2010/08/09(月) 08:33:34 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

4. Re:グラーミィ

>クン・プーさん
予想以上に本格的な店、お誘い感謝です。
我々的にはコインランドリーよりもタイ料理のほうがココロのお洗濯に適していますね!
また錦糸町も是非!

  • 2010/08/09(月) 08:32:31 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

3. 無題

ありがとうございました~。
ものすごい品数で食べるのが大変なくらいでしたねw
ナムプリックがあると野菜がとまらなくなります(笑)

ちなみにタイ語じゃない普通のメニューもあるので大丈夫ですよ~(^^)

  • 2010/08/09(月) 01:11:39 |
  • URL |
  • *あんこ* #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

2. 無題

おぉ‥!まさに、ド・地元ですよ!(笑)

こぉんな近くにこんなお店があるとは!

ropefishさんは色んな土地に行かれてますねぇ!

  • 2010/08/08(日) 00:22:16 |
  • URL |
  • DANNY #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

1. グラーミィ

気にいっていただけたみたいでよかったです。
コインランドリー付属タイ料理店のようですが、ここほどタイ好きの心を引きつけるお店は数少ないです。
ぜひまたご一緒しましょう。
あ、熱帯魚といえば、グラーミィ気になりますww

  • 2010/08/07(土) 23:52:23 |
  • URL |
  • クン・プー #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/752-fb891767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)