FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ゲーン・パーの頂点。「ピッチーファー」(新宿西口/大久保)

夜10:30、新宿西口のタイ料理の名店「ピッチーファー」で独りディナー。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
小滝橋通りを大久保方面に10分余り歩いた左側、
サイゼリヤの少し手前に店はあります。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
地下にあるこじんまりとした店内。
ちょっとローラ・チャン似の女性店員が笑顔で接客してくれます。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
まずはチャーンビールで一息。

さて、「ピッチファー」「夜」といえば注文は迷わずこれ。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
ゲーン・パー。
タイ北部の、ココナッツミルクを使わないストレートな辛さのカレー。
夜のみのメニューですが辛いもの好きには堪らない料理です!
そのままでも辛いのですが、折角なのでベリーホットでの注文!!

じゃーん!!
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
ゲーン・パー(チキン) ¥1100
タイ・ジャスミンライス(小) ¥200

半端ない野菜の量。
その全てに辛さが染み込んで、
それでいて素材の食感・旨みがしっかりと活きている。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
アッツアツでいただく激辛野菜。
素朴なゲーン・パーならではの味わいですね。

そして…辛い辛い!!

身体中が内側から暖まり、
全身の毛穴がパァーッと開いて老廃物が一気に排出される感じ。

激辛は激辛でも、なんとも爽快感を伴なう激辛なのです。

思わず心に浮かぶ一言。

「これだよ、これ!」

ゲーン・パーの決定版といえるでしょう。

そして・・・底にはピッキーヌがゴロゴロ…
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
全部は無理して食べることないですよね(笑)

さて、心地よい辛さを味わった後はやはり、タイの甘~いデザート。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
カノムモーケン ¥630
タイの焼きプリン。
基本どの店で食べても美味しいのですが…
こちらはなんと、焼きたてのアッツアツ!
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
ハフハフいいながら食べるプリンはなんとも絶品でした!

やっぱりこの店、美味しいですね。

お気に入りの一店です。


ピッチーファー 本店 (PLIK CHEE FAH)
東京都新宿区西新宿7-7-29 西新宿ビルB1F
TEL:03-3362-7005
営業時間:11:00~15:00 17:00~23:00
定休日:無休



↓一日一回。クリックはこちら

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
にほんブログ村

FLYING ROPEFISH!-ranking banner
食べログ グルメブログランキング

ピッチーファー 本店タイ料理 / 西武新宿駅大久保駅新宿西口駅
★★★★ 4.5


関連記事

コメント

2. うわぁ・・

猛暑のなか、激辛カレーを食べた後って・・・
意外と外気は涼しく感じられるのでしょうか。
個人的には、暑さの中激辛カレーを食べた後の爽快感は何とも言えませんが・・(^-^)/

  • 2010/07/23(金) 22:17:02 |
  • URL |
  • Vivian #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

1. 無題

何気にちょくちょくいってますよ~蛙の唐揚げ食べたり(笑)
ここのグリーンカレーは結構ドロドロですよねー☆
では、いってきまさら~W

  • 2010/07/23(金) 20:10:52 |
  • URL |
  • 夢見うさぎ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/723-71674766
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)