FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

「タール」への道。(駒込)

駒込の名店「タール」には幾重ものバリアが張り巡らされています。

まず第一のバリアは駒込という立地。

なかなかカレーを求めて行く場所ではありませんね。
ネットか口コミで「タール」の評判を知った者だけが
訪問の機会を得ることができます。

しかし、地図を見ながら店の場所に到着したとき、
第二のバリアが現れます。

それは看板。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
ん?「カトマンドゥ」?
ここで惑わされてはいけません。

なぜなら「カトマンドゥ」という看板が出ているこの店こそが、
「タール」なのですから。

幻惑に負けず、入店しようとしたあなたに、
今度は第三のバリアが立ちはだかります。

物理的バリアです。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
完璧に並べられたペットボトルのバリケード、
そして敷き詰められたトゲトゲマット…
もしあなたが猫ならば、
ここで入店を断念せざるを得ません。

この物理的バリアをも乗り越えたあなたには、
最後にして最大の試練が襲いかかります!

「し…閉まっとる…」

ガラス扉の奥は真っ暗、
営業中の看板もなく…

かくいう私もここまできて断念した苦い経験があるのです…

しかし待ってください。
どんなRPGでも、
不可能と思われたミッションをクリアするのに必要なのは、
あきらめない心と、ただ果敢な行動だけなのです!
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
挑戦者の心の奥を見透かすような目にひるむことなく、
闇へと続く扉を押し開けます。

すると…

「いらっしゃいませ。」の声。

そう、薄暗い灯りが灯った店内は営業中。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
入り口のガラス扉にはなんとスモーク処理が施されていたのですね!
って、何故??

心地良い達成感とともに、
さあ、お宝を手に入れましょう。

…もとい、胃袋に入れましょう。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
ランチメニューはマトン、チキン、ポーク、ベジタブル、
そしてダルバートとくれば、
選択肢は一つです。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
ダルバートセット ¥1100
サラサラのダールスープにライス&チャパティ。
二種類のカレーはマトンとベジタブルを選択してみました。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
こちらがベジタブルカレー。
マスタードシードがふんだんに用いられた、
香ばしくて食べやすいカレーですね。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
そしてこちらがマトンカレー。
一口食べてびっくりしました。
極限までシャバシャバなカレーなのですが、
デフォルトで結構辛い!!
ダルバートって比較的やさしい味付けのイメージが強いのですが、
こちらのマトンに限って言えば、デリーのカシミールクラスの辛さです。
たっぷり入ったマトン肉にも、その辛さが染み込んで・・・

美味い!!

このマトンカレーはお勧めですね。
なかなか。

品数で言えば決して多いほうではないこのダルバート。
しかし、それぞれのカレーは他店に負けない個性を持っていて秀逸。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
さらにお好みで辛さを増したい向き(私)には、
追加のミックススパイスも出してくれますよ。

食後にはネパールティーも付いてきました。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
これは・・・ショウガの効き方が半端ではないですね。
どんな風邪でも治りそうな勢い。まるで甜茶です。
コーヒーも紅茶も濃いほうが好きな私としては、大満足!

店に入るまでのミステリアス感とは打って変わって、
店員さんも気さく。
とてもアットホームな雰囲気で、
常連が多いのもうなづけますね。

ここは幾多の試練を乗り越えた者だけがたどり着く、
スパイスの桃源郷なのかもしれません。

タール (TAAL)
東京都豊島区駒込1-11-7 窪田ビル1F
TEL:03-3947-1883
営業時間:11:45~14:00 17:30~23:30
定休日:日曜・第3土曜



↓一日一回。クリックはこちら

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
にほんブログ村

FLYING ROPEFISH!-ranking banner
食べログ グルメブログランキング

タール (ネパール料理 / 駒込、千石)
★★★★ 4.0


関連記事

コメント

4. 無題

>白さん
入りにくいのもまた楽し、ですよ。

  • 2010/07/12(月) 10:36:35 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

3. 無題

>みっくさん
60くらいの女主人ですか…「とんがらし」のおかあさんがそれくらいかな?気にしておきます。

  • 2010/07/12(月) 10:34:59 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

2. 無題

こんにちは (^^)

店に入るまでの過程に笑ってしまいました。

自分なら店の様子を見て帰っているでしょう…
(^_^;)

  • 2010/07/09(金) 13:21:19 |
  • URL |
  • 白 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

1. これまた凄いですね

今月のdanchuがカレー特集ですが。最近若者が本場修業して帰り頑張っていますが。
ブログ訪問して、ある先輩を思い出しました。
24で出会った31くらいだった女性は。
山形出身。ジャズベーシストと三回くっついては別れ。インド好きで、国外退去になるまで一人旅。もちろん女。30年近く前。
彼女の家で初めてグリーンカレーを作ってもらった。
私もタージマハールが見たいとインド好きだった私が言うと、あんたは社会復帰できなくなるからダメと言われた。
その後、普通の人と再婚。でも、何か怪しいカレースナックバーとかやってそうな気がする。どうしているだろう。スパイスでハイになってたと思う。あの人は凄かった。60くらいの女主人がいたら。

  • 2010/07/09(金) 00:44:17 |
  • URL |
  • みっく #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/700-df798510
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)