FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

朝までディープタイ空間。「タイガパオトーキョー」(六本木)

5月。タイフェスにいけなかったその日。
お昼に食べたタイ料理があまりにマイルド過ぎたため、
再度スパイス注入をしに夜の六本木へ。

六本木交差点のすぐ脇、
雑居ビルの三階にあるタイ料理店「タイガパオトーキョー」。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
なんと朝6時まで営業しているお店です。
嬉しいですね。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
夜一時過ぎの訪問でしたが、入り口の扉を開けると…

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
ノリノリのタイ歌謡が店内に響き渡っています!
見ると15人ほどいる客は全てタイ人!

そして店内モニターに映っているのは、
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
タイ語の歌詞が流れるカラオケビデオ!

これはまさにタイ歌謡カラオケ大会ですね!
この日最終日だったタイフェスの打ち上げかなんかでしょうか?

私自身、こういった濃厚な雰囲気は嫌いではないので嬉々としてのオーダー開始です。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
まずはビアラオ
ラオスのビール。これがあると何故か頼んでしまいます。

そして、辛いもの辛いもの、と。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
パットガパオヌア ¥1200
牛肉のハーブ・バジル炒め。
うん、なかなか辛めですね。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
ゲーンキョウワーン ¥1200
言わずと知れたグリーンカレー。
ライスが付いています。
うん、こちらもなかなか辛い。
まあ、「タイ風に辛くして」とお願いしたわけですが(笑)

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
ガイサテ ¥1100
鶏の串焼きカレー味。
夜中飲みにはぴったりのメニューですね。


食べているそのうちにも、どんどんエスカレートするタイカラオケ大会。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
アルファベットの歌詞字幕を頼りに一緒に歌えば、
日本人もタイ人も、もう関係ない!

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
辛いもの食べて、タイ語でこぶしを利かせて、

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
思いっきりストレス発散!

まさに多国籍都市東京を象徴するようなお店!
最高ですね。


THAI GAPAO TOKYO 六本木店タイ料理 / 六本木駅六本木一丁目駅乃木坂駅

夜総合点★★★★ 4.0


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/644-fef3739f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)