fc2ブログ
2024/03/24

Post

        

健在、佐世保名物レモンステーキと焙煎黒カレー。『ふらんす亭 池袋サンシャイン60階通り店』(池袋)

category - [池袋エリア]
2024/ 03/ 24
                 
創業1979年、ステーキとカレーのコンボで一世を風靡した『ふらんす亭』。
一時期より店舗数は減ったものの、池袋のこちらの店舗は今日も大賑わいです。

『ふらんす亭 池袋サンシャイン60階通り店』

階下の入り口にはいつも待ち客が。
けれども回転は速いのでご安心を。

お一人様用のカウンター席もあるので気軽に入れます。

さてオーダー。
普通にガッツリステーキをお得な価格でいただくのもいいけれど、『ふらんす亭』ならではの料理を食べたいならこのコンボがオススメです。

★サーロインレモンステーキ&カレー ¥2180

『ふらんす亭』の2大名物メニューのお得なコンボなんです。

こちらがレモンステーキ。

「レモンステーキ」は長崎・佐世保の洋食店『ふらんす亭』で昭和30年代に誕生した料理で、すき焼をベースにした薄切り肉のステーキ。発祥とされる『ふらんす亭』はすでに閉店していますが、こちら現『ふらんす亭』はその店名とレモンステーキの味を直接引き継いでいるお店なのです。

卓上の説明通り、裏返して焼き、レモンを絞っていただきましょう。

レモンが溶け込み、じんわりと甘い独特なソース。
これこそがレモンステーキをレモンステーキたらしめる重要なポイント。
ただ肉にレモンを絞っただけじゃあないんです。
このソース、肉に合うのは当然として、ご飯を絡めていただいてもめちゃくちゃ美味い!
流石の名物です。

そして『ふらんす亭』もう一つの名物はこちら「焙煎黒カレー」。

読んで字の如く、玉ねぎを真っ黒になるまで炒めた黒くてねっとりとしたカレーです。


かなり久しぶりにいただいたので「はて、こんな感じだったかな?」なんて思ったのですが、時代によって少しづつ変えていっているのかもしれません。
個人的には白飯より、ハンバーグなどにかけてこそ良さが引き出されるカレーなんじゃないかと思いました。
それもまた、ステーキとカレーの店ならではのことですね。

ホールの店員さんは皆若くて活気あり。
なんとなく、昔懐かし感のあった『ふらんす亭』ですが、しっかりと次の世代に受け継がれているようです。

●最新の活動について・お問い合わせはこちらから
カレー細胞/ポケットカレー 公式サイト

カレー細胞 Official Store
カレー細胞プロデュース「ポケットカレー」のご購入はこちらから


●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell
関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント