FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

再発見!絶品スリランカカレー「ハンプティ」とネット検索の功罪。(護国寺)

昔、カレーの食べ歩きの参考にしていた本があるんです。

『おすすめ! 小野員裕の絶品カレー食べ歩きガイド—東京・横浜&近郊編』(2001)

当時開館したばかりだった
「横濱カレーミュージアム」(今は閉館)の館長が公開する
カレーガイドということで、
なかなかホットな本だったわけ。
今改めて見てみても、
雀荘のカレーだとか、中華料理屋のカレーだとかもあり、
なかなかコアで素敵な内容。
一方で、今はもう閉店している店も多く
、東京の店の移ろいの速さを感じたり。

最近では「ぐるなび」「食べログ」なるものが
食べ歩きガイドの主流となっている様で、
かくいう私もブログ記事を
「食べログ」に寄稿したりしている訳ですが、

そこで強く感じること。

「ネットでは、ほんの数人の盛り上がりだけで、
あたかも、世の中全体で『流行』しているかのように演出することができてしまう。」


ということ。

これは実に大きく、また場合によっては危険なことでして、
まあ、世のネットプロモーションにもうまく用いられていることなんですが、
賢い国民諸君はそのようなムーブメントには、
ある種引いた目線で対処するのがよいかと思われます。

さて、冒頭の話に戻るのですが、
その食べ歩きガイドブックで初めて知った護国寺のカレー屋さんこそが、
今回紹介する「ハンプティ」。

先日ふと思い出して気になり「食べログ」で検索。

『護国寺』『カレー』

ところが、ね。

出てこないわけですよ。あの名店が。

今度は検索方法を変え、

『護国寺』『ハンプティ』

で検索。
そしたら、出てきました。

『ハンプティーティールーム』の名で。

ただし、レビューはなし。

理由は簡単。

登録カテゴリーが「喫茶店」になってるってことだけ。

つまり、「護国寺でカレー食べたい」と思った人が食べログで検索かけても、
この店は出てこないわけです。
検索して出てこないということは、
つまり「目標として存在しない」ことを意味するわけで、
「Googleに存在しないものは実在しないも同然」
というのと同じ理屈でこの店はネット上での存在を埋もれさせてきたわけです。

これはいけませんね。

「Googleに存在しないモノを優先的に採り上げる」当ブログとしては、
放っておくわけには行きません。

んで、行ってきました。

※一度目の訪問時には写真を間違えて消してしまったので、
二度目の訪問時の記事になります(笑)


**************************

東京メトロ有楽町線、護国寺駅を降り、
椿山荘側への坂を上りきったあたり、
目白台三丁目の交差点わきに店はあります。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
店構えはちょっと分かりにくいかな。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
こちらのお店、日祝定休でかつ、夜もやっていないので、
訪問難易度はちと高し。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
店内は年季の入った喫茶店といった風ですが、
上品で居心地は悪くないです。

食事メニューは以下の通り。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
スリランカカレー ¥970
ドライ(キーマ)カレー ¥870
コロッケ&ライス ¥870
オープンドライカレーサンド ¥850
ロースハム&野菜サンド ¥800


その中でも、ここの看板メニューであり、
小野さんの本にも載っていたのが「スリランカカレー」。

ランチタイム(11:30~14:00)限定のドリンク付きセットで注文しました。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
スリランカカレーセット¥1250

普通の喫茶店がランチに出すカレー、とは全く違います。
どんな素人がみても本格的と判るビジュアル。
そしてそれは見た目だけではありません。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
約5、6時間もかけてじっくり煮込んだ骨付きチキンはビックリするほど軟らか。
テーブルにはスプーンとフォークが用意されていますが、
フォークの出番はありませんね。

軟骨はワラビ餅かというくらいプルプル。
骨髄もグズグズっと柔らかく…
ほら、ケンタッキーフライドチキンで茶色くて柔らかい骨の部分、
あれがもっともっと柔らかくなってカレーに溶け込んでいる感じ。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
スライスらっきょう、チーズ、福神漬けという三種の薬味を混ぜながら、
様々な味の変化を楽しむのもまた一興。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish

滋味。

そう、まさに滋味と呼ぶにふさわしい味のカレー。

文句なく美味いですね。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
食後にはセットのコーヒー。
手作りのクッキーが付いてくるのですが、これまた昇天の味。
コーヒーも薫り高く、カフェとしても一級。

やはりただ者ではないこのお店。
色あせるどころか、ますます味に輝きを増しているようです。
カレーライス専門の人でも、インド料理専門の人でも、
このカレーにはうなる筈。

若いカレーマニアたちには是非、
この味を再発見して欲しいものですね。

ちなみに飯田橋にある「ダンプティティールーム」は親戚が経営する姉妹店。
こちらでもスリランカカレーを食べることができますよ。

**************************
というわけで、食べログのカテゴリーを再設定、
「護国寺」「カレー」の検索に引っかかるようにしてみます。
以後の評価にご注目!!

ハンプティーティールーム
東京都文京区目白台1-24-8
TEL:03-3944-6154
営業時間:10:30~17:30 (L.O.17:00)
※カレーは早めに売り切れの場合あり。
※夜は「半分亭」という名のバーになります。
定休日:日・祝日


↓一日一回。クリックはこちら

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
にほんブログ村

FLYING ROPEFISH!-ranking banner
食べログ グルメブログランキング

おすすめ!小野員裕の絶品カレー食べ歩きガイド―東京・横浜&近郊編/小野 員裕

¥1,575
Amazon.co.jp

ハンプティーティールーム (喫茶店 / 護国寺、早稲田(都電)、江戸川橋)
★★★★ 4.0


関連記事

コメント

16. 無題

>スープカレー職人メラさん
ネットは便利ですが全能ではありません。
が今の20代くらいの世代から以降の人は、ネットには全ての知識が詰まっていると誤解しがちです。そこに強い危険性を感じます。

  • 2010/06/21(月) 16:08:49 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

15. 無題

>しはいにんさん
新幹線の開通時に通過駅となった街が忘れ去られていくのに似ています。
我々は地道に途中下車せねばなりませんね。

  • 2010/06/21(月) 16:04:52 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

14. 無題

ネットの功罪、、考えさせられます。
このブログもネットですものね。

このお店、ずいぶん前に写真でカレーを見てから気になってます。

この機会に行かねばですね。

  • 2010/06/21(月) 08:25:31 |
  • URL |
  • スープカレー職人メラ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

13. ネット上では埋もれたお店

たくさんあるんですよね~。

それを掘り起こす。素敵です☆

機会を見つけて行ってみまつ(・ω・)

  • 2010/06/20(日) 23:18:22 |
  • URL |
  • しはいにん #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

12. Re:無題

>spicecherryさん
札幌とはまた別のスープカレー文化として、
「スリランカカレー」と呼ばれる文化がありますね。
現地の人が作るスリランカのカレーそのものでなく、もっと日本のカレーライスに近いもの。

この店のカレーもその系譜を引いているものと思われます。
福神漬けもありますし。
チーズあたりは欧風カレーの流れ。
(でもマッチして最高に美味しい)

推察の通り経営は日本人です。
でもなんともスパイス使いが良くて、
「本格的」としか言えないんですよね。
いい店です。

  • 2010/06/20(日) 19:53:56 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

11. Re:すばらしい!

>USHIZOさん
この店、私もずっと前から知っていて、
でも行ったことなくて、
ネットの普及と共に、
全く話題に上がらなくなってたこと、
気がついてちょっと怖くなりました。

お店の人はその間も毎日カレーを作り続けているのに、我々からみると、
「あ、そんな店、あったなぁ。え?まだあるのかしら?」
って感じで。

世の評論ははかないもの。
確かなものは自分の体験ですね。

貴重なコメントありがとうございました。

  • 2010/06/20(日) 19:50:14 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

10. Re:★

>AQUAさん
コメントありがとうございます。
お近くなら是非、行ってみてください。
ぷらっと発見できる場所ではないですから(笑)

ブログでのカレーの紹介は・・・簡単ですよ。
「凄く美味しい」といえばいいんです(笑)

あたり前のようですが、
例えばラーメンレビューなんかだと、スープが云々かんぬん、麺のコシが云々かんぬん、ここがイマイチだとかあれやこれや、みんな批評家っぽくなっちゃうところ、カレーなら一言「美味い!」で済んじゃう素晴らしさがあります。

  • 2010/06/20(日) 19:46:23 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

9. Re:無題

>woods2106さん
私も次はダンプティですね。
発掘発掘!

  • 2010/06/20(日) 19:37:33 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

8. Re:食べログメッセージ送りました

>rumbaさん
メッセージ拝見しました。
ここは是非追いかけちゃってください。
サティヤムほどは歩きませんから(笑)

  • 2010/06/20(日) 19:36:57 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

7. Re:ここは

>遊香さん
東京のチベットという比喩が褒め言葉に聞こえるのはカレーバカだけでしょうか?(笑)

ここは本格的ですよ~

  • 2010/06/20(日) 19:36:10 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

6. 無題

護国寺のスリランカカレーとは知りません出下。見る限り本格的ですね。しかも福神漬け添えが笑えます。時間帯が訪問むずかしいけれど、貴重な情報として覚えておきます。こちらのスタッフは日本人ですか?

  • 2010/06/20(日) 13:58:30 |
  • URL |
  • spicecherry #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

5. すばらしい!

こんにちは。

実に深い考察、恐れ入ります。
ネットのプロモーション力、そしてその功罪ってのは確かにありますね。
こちらの有名店、名前などは知っていたのですがまだ訪問したことはありませんでした。
とても参考になりました。

それでは、失礼しました。

  • 2010/06/20(日) 12:44:59 |
  • URL |
  • USHIZO #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

4. ★

おはようございます★

以前から欠かさずblogをチェックさせて頂いてます。去年から僕もカレーを愛し、周りにカレーの偉大さを口にし、カレー業界の底上げをと今でもカレーカレー言い続けてます(笑)。でもなかなかblogでの紹介方法が難しく(-o-;) このblogを去年から崇拝してる僕としては今回の記事もただ頷くばかり。流石です!護国寺!またコアな場所ですね( ̄○ ̄;)
僕の事務所からはそんなに離れてないので、是非行ってみたいです(≧∇≦)
またお邪魔しに来ます!

  • 2010/06/20(日) 09:58:03 |
  • URL |
  • AQUA #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

3. 無題

飯田橋にある「ダンプティティールーム」・・・
行きます!w

確かにカテゴリが「オムライス」「定食」なんで検索に引っかからないわけだ^^;
しかもレビューはみんなオムライス食べてるしw

  • 2010/06/20(日) 09:21:24 |
  • URL |
  • woods2106 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

2. 食べログメッセージ送りました

おはようございます。
いつもいつも良店開拓ありがとうございます。
早速追っかけでBMさせて頂きます。

時間がある時にメッセージご覧くださいませ。

  • 2010/06/20(日) 08:51:45 |
  • URL |
  • rumba #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

1. ここは

不忍通りと目白通りがクロスするあたりですよね。
東京のチベットって言われるくらい、駅から遠いしスーパーはないしで、車も停めにくい。

日本女子大の学生さんが利用するのかなと思ってました。
そんな本格的なカレーがあるとは…

  • 2010/06/20(日) 08:06:35 |
  • URL |
  • 遊香 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/608-6419a37a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)