fc2ブログ
2024/02/06

Post

        

粉雪舞い散る季節に素敵なミャンマー。『MOON TERRACE』(駒込)

category - [大塚,巣鴨,駒込]
2024/ 02/ 06
                 
大雪の東京。
臨時休業や早仕舞いが相次ぐ駒込で、ふと開いている店に入ったらそこはミャンマー料理店だったというお話。

ツイてる。

駒込駅東口を出て、さつき通りを北へ2分ほどの場所。

建物の2階にそのお店はありました。



『MOON TERRACE』(ムーンテラス)


2023年11月オープン。
ミャンマー料理とタイ料理のお店です。
以前も同じ業態の『ハッピーアジアンレストラン』だったようです。


客層はミャンマー人15人ち対し日本人は私1人。
なんともこれは居心地の良い(笑)


★アサヒスーパードライ生ビル ¥600

ミャンマー人グループは店内大型モニターを用いてミャンカラ大会。
みんなびっくりするほど上手い!
ミウ店長も上手い!

15年ほど前、私が高田馬場のミャンカラに通い始めた当初は、ミャンマーの皆さまみんな音痴で。
けど、めちゃくちゃ楽しそうに歌ってて。
聞けばミャンマーでは学校の授業に「音楽」がなく、オトナになってKARAOKEを体験して初めて「歌うって楽しい!」とハマりだして。
と、そんなこんな話を聞いていたのも今は昔ですね。

今はYouTubeやらなんやらで自由に歌える。
ミャンマーの若者たちの歌唱レベル、メチャクチャ向上しています。

ただしこちら普段はカラオケはやっておらず、今日は雪で知り合いばかりだから特別!とのことでした。


★ラムカレー(セイターヒン) ¥1000

ライス、サラダ、スープにバラチャウン(ミャンマーの海老ふりかけ)がついたセット。
和盆での提供です。
Lunch Setというページに載っていたのですが、ディナーでも問題なくオーダー可能でした。

ミャンマーの「ヒン」=「カレー」と思われる方も多いと思いますが、それは間違ってないけど正確ではなく。

「ヒン」が指すのはむしろ「ご飯と合わせることが前提のおかず」という意味合いが強いように思われます。
なので必ずしも煮込み料理だけではないのだけれど、基本的に味濃いめのものが多い。
なので日本人が「これはカレーだ」と思うものはほぼ「ヒン」の範疇ではあるけど、およそカレーとは異なる肉じゃがみたいなのも「ヒン」だったりする。
であるからして「ミャンマーのチキンカレー」を「チェッターヒン」と訳すことは間違いないけれど、逆に「チェッターヒン」をオーダーして「チキンカレー」が出てくるかはわからないということです。


ということでこちら「ラムカレー」はドライタイプの「セイターヒン」。
ラム肉自体がジューシーで、スパイスもニンニクもガッツリ効いて濃厚で、なんだかとても美味い。
ボリューム以上にご飯が進みます。

ご飯が進むといえばこちら。

ミャンマーの海老ふりかけ「バラチャウン」。
ピリッと辛くて旨みが詰まってて、これとご飯と水さえあれば一週間生きていける。
もっと流行るべきですよね。


★オレンジハイボール(orange haiboru) ¥400

お酒もいろいろリーズナブル。


★パパイヤサラダ"ミャンマー" (ティンボーディートウッ) ¥890

メニューにはタイのパパイヤサラダ「ソムタム」もあって、両国バージョン食べ比べできるのも楽しいところ。
酸っぱ辛さ(と時には臭み)がインパクトあるタイバージョンに比べ、こちらミャンマーバージョンは、スパイシー&ホットなゴマドレサラダといった味わい。

「お、食べやすいやん」なんてバクバク食べてたら、ジワジワヒリヒリと辛さが押し寄せてくるのでご注意です。

いやあ、偶然とはいえ、駒込に良い呑み食い処を見つけてしまいました。
今度はグループで飲みに来たいところです。

「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

a


関連ランキング:東南アジア料理 | 駒込駅巣鴨駅西ケ原駅


関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント