fc2ブログ
2024/02/05

Post

        

目黒の間借りから実店舗へ。ココロ満たされる南インド家庭料理の新店が久我山に。『ammikallu(アミカル)』(久我山)

category - [中央線 阿佐ヶ谷~西荻窪]
2024/ 02/ 05
                 
目黒でのランチ間借りで素晴らしい南インド家庭料理を提供していた『アミカル』さんが久我山で待望の実店舗オープン!



『ammikallu』(アミカル)

2023年12月8日オープン。


古い建物の2階をリノベーション。
さまざまなアンティーク家具を組み合わせた素敵な空間になっています。
よく見りゃ懐かしの図工室の椅子なんてのも。
ドライフラワーや生花もあちこちに配置され、雰囲気は暖か。



この日は土曜のランチ訪問。

土日はバナナリーフを用いたベジミールスが提供されていました。
(平日はカレー2種が選べるランチプレートだそうです。)


★【ホリデーランチ】ベジミールス ¥1900

ワダは揚げたてアツアツのホクホク。
サンバルにはドラムスティック、ラッサムにはフレッシュカレーリーフ。

日本のカレーの「じっくり煮込んだ」価値観とは逆で、食材の活力とスパイスの香り、その作りたての美味しさが存分に堪能できます。

さらに、この久我山で、このおしゃれな空間で、それなのにライス、サンバル、ラッサムにワダまでお代わりが可能。
南インド現地方式のサンバルサーバーで持ってきてくれます。

私はワダをおかわりしちゃいましたよ。


★チキン65 ¥450

この日の黒板メニューにあった、南インド式の鳥唐揚げ。
衣サックリ中ジューシーでとても美味しいですね。


★チャイ ¥300

素敵なガラスカップでいただくチャイは癒しの味。

店名の「アミカル」(ammikallu)とはスパイスを挽く石製の調理器具。

店主が師事した南インドのお母さんがこのammikalluを用いてスパイスを挽き、料理を作る様を見て、「こんな風に料理を作れたらいいな」という思いをこめたそうです。

他にあの「ダバインディア」での勤務経験もあるという店主。

この日もカレーマニアだけでなく近隣の老夫婦がランチに訪れていたりと、久我山の日常に素敵なスパイス料理が溶け込みつつあるのでした。


「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:インド料理 | 久我山駅富士見ケ丘駅三鷹台駅


関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント