fc2ブログ
2023/10/08

Post

        

BAR間借りでいただく完全オリジナルなスパイスカオソーイが最高。『COZY食堂』(奥沢)

category - [世田谷エリア]
2023/ 10/ 08
                 
最近は間借りカレーのお店もずいぶん増えましたが、間借りカオソーイというのはちょっと聞いたことがなくてビックリ。
しかもそのカオソーイが、他とは全く異なるオリジナルカオソーイだったことで2度ビックリ。
さらにそれが他にない美味しさだったのですから、3度ビックリです。

そのお店は東急奥沢駅のすぐ近くにありました。
自由が丘からも余裕の徒歩圏内ですね。

ちょっと見過ごしてしまいそうな入口なのですが・・・

『COZY食堂』

『BAR nasa』にて2022年11月から間借り営業スタート。
営業日は火曜から金曜。
火曜はランチのみ、金曜はディナーのみ(24時まで!)、水・木は昼夜営業となっています。

まずこの『BAR nasa』という場所が面白くて、ピアノやドラムセット、ギターにベースが置いてあるんですが、


これ、お客さんの演奏OKなんだそうです。

実際、お酒飲んでちょっと演奏して、みたいなお客もフラッとくるみたい。

お店の奥にはシュッと長いカウンター席が。


看板メニューは「カオソーイ」。

日本では「タイのカレーラーメン」と紹介されることが多い、タイ北部チェンマイ名物の麺料理です。
ココナッツミルクが効いたカレー味のスープ、茹で麺と揚げ麺の二層構造などが特徴ですね。


★ブッサバー EX-ヴァイス ¥1200

珍しいタイのクラフトビールもありました。
タイ特産のジンジャーフラワー香料とドイツ産へフェバイス酵母を使用したフローラルな香りのビール。
これは面白いですね。

そして登場したカオソーイがこちら。

★牛すじカオソーイ ¥1500

茹で麺の上に乗った揚げ麺、現地カオソーイには欠かせない薬味セットなど、いわゆるガチカオソーイの要素は万全。
けれどもスープの色味がちょっと濃いですね。
そして、添えられているスープは何だろう??


実はこのスープ、ココナッツミルクスープでした。
ベースのスープはココナッツミルク抑え目にしてあり、好みに応じてココナッツミルクを加えていける仕様だったんです。

実は私もカオソーイが基本的には好きなのですが、タイ人仕様だとココナッツミルクが強すぎたり、
しかも(ラーメンに慣れた日本人からすれば)茹で過ぎて柔らかい麺がココナッツ味一色に染まったりで、
食べていて後半段々キツくなることもしばしば。

そんなインサイトを鮮やかに解決してくれる素晴らしいアイデアですね。


さらにベースのスープも一味違いました。
牛の旨味がしっかり出たスープはホールスパイスの香り。
クミンシードも入っている一方で、ターメリックは不使用という大胆アレンジ。

これ、最早「スパイスラーメン」じゃないですか!

実はこちらの店主はもともと「カレーが食べられなかった」そうで、いろいろ「何が自分にダメなんだろうか」と試した結果、
なんとターメリックを受け付けないことが判明(そんなことあるんですね)。
自分が食べられるカレーを自分で作ろうと、スパイスカレー作りをはじめたそうです。

そしてそのノウハウを、本業でタイを訪れるうち好きになったタイ料理に応用しようと思い付いたそう。

そう、こちらのカオソーイはスパイスカレーとカオソーイの良いとこどりで組み立てた、完全オリジナル麺料理だったのです。


麺の湯で具合もいいし、牛すじの旨味も抜群。
スパイスの刺激も素晴らしく、ココナッツミルクを加えていくことによる味変も実に楽しい。

これ、カレー好きにもラーメン好きにもタイ料理好きにも刺さる絶妙の落としどころですね!


〆はジャスミンライスのサービス。


タイ風スパイス雑炊で華麗にフィニッシュ!!

カオソーイの美味しさと楽しさはそのままに、カオソーイを日本人が敬遠しがちな要素を絶妙にクリア。
これはなかなかの発明。
カレー好きにもラーメン好きにもタイ料理好きにもオススメしたい。

・・・ところが。

実はこの『COZY食堂』、2023年10月いっぱいをもって『BAR nasa』での営業を終了。
再開先は探し中とのこと。

このオンリーワンなカオソーイがいただける場所がなくなるのは勿体ない。
いい場所が見つかると良いですね。

まずは10月中に駆け込んでみてください。

「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell



関連ランキング:タイ料理 | 奥沢駅自由が丘駅緑が丘駅


関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント