fc2ブログ
2023/08/04

Post

        

牡蠣とスパイスのハイレベルな結婚。侮れないランチカレーと遭遇。『オイスターバー COVO』(代々木)

category - [代々木,原宿,表参道]
2023/ 08/ 04
                 
代々木駅東口すぐ。
活け牡蠣と自然派ワインのお店。

『オイスターバー COVO』

実はここ、ランチタイムには一筋縄でいかないカレーを提供しているんです。

早速行ってみましょう。


夜にも伺いたくなるワインの品揃え。


各面に窓があり、開放的な空間になっています。


★カキと季節野菜のスパイスカレー(サラダ付) ¥1100
・岩海苔 +¥150
・アリッサ(練り唐辛子) +¥100


これはオイスターバーのカレーとは思えない本気度合い!
お皿は『ボタニカリー』、ししとうの配置は『コロンビアエイト』と、大阪スパイスカレーへのオマージュが見てとれますが、実際食べてみれば味わいは完全なるオリジナル。

ベースのカレーは鰹など海鮮系と鶏ガラで出汁をとったサラサラタイプ。
南インド的な着地で辛さもそこそこあり、これだけでもなかなかの完成度です。

メインの具材には大ぶりな牡蠣が3つも。
この日の牡蠣は播磨灘産だそうで、プリッとした食感とミルキーな味わいがたまりません。

ライスの上に鎮座するのはこれまた牡蠣のキーマ。
牡蠣の水分だけで仕込んだ「無水キーマ」です。
貝柱やワタも含め刻まれた牡蠣の旨味がダイレクトに感じられるのに加え、
カルダモン、マスタードシードなどのホールスパイスもガツン。

これをベースのカレーを混ぜることで、出汁感・スパイス感・牡蠣感のいずれもが存分に楽しめるってわけです。
まさにDRY&WET方式の良さを活かしていますね。

海の幸を活かしたカレーですから、青海苔がマッチするのも必然。
磯の香りマシマシで!
アリッサも確かに辛いのだけど、それ以上に唐辛子の旨味が加わって味わいがさらにグレードアップ。

これは実に侮れないカレーランチ。
知らずに入るとビビるでしょう。

そしてなんと!
こちらのお店 8/4-20に開催されるJAPANESE CURRY FESTIVAL2023 in 渋谷にて、
スタンプラリーに参加してくれることになりました!!
(代々木駅前だけど渋谷区なんですよね)

レジ脇あたりにQRコードがあるので、ぜひ参加して見てくださいね。

logo_b.jpg
★JAPANESE CURRY FESTIVAL2023公式サイトはこちら。

★スタンプラリー「Japanese Curry Rally」はこちらから。


●「カレー細胞」Facebookページ https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:牡蠣(かき) | 代々木駅南新宿駅北参道駅

関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント