fc2ブログ
2022/11/25

Post

        

名古屋インド料理のパイオニア、現存する唯一の店舗へ。『インドキッチン/アクバル本店』(伏見)

category - カレー&スパイス・愛知県
2022/ 11/ 25
                 
創業1989年、名古屋インド料理のパイオニア『アクバル』
現存する唯一の店舗へとディナー訪問。

『インドキッチン/アクバル本店』

こちら『アクバル』が経営する『インドキッチン』という名のお店だったのですが、他の『アクバル』が全て閉店したため現在はここが『アクバル』の本店となっています。

看板やメニューは今も『インドキッチン』のままですが、Google検索すると『アクバル本店』の名で出てきます。



メニューは正統派も正統派。
北インドのリッチなカレーとナン、そしてタンドール料理。
そもそも店名のアクバル自体、ムスリム王朝としてこれらの料理をインドに浸透させたムガル帝国皇帝の名ですから、全く違和感はありません。


★オールドモンク ¥450

インドのダークラム。
ソーダ割でお願いしました。


★ハリヤリティッカ ¥450

ほうれん草ソースのチキンティッカ。
さすが立派なタンドールブースを構えているだけあってクオリティは確か。

そしてメインのカレーです。

★チキンハイドラバディ ¥1050

ハイデラバードは南インドのムスリムシティ。
この店でほぼ唯一の南インドカレーですが、その北インド的解釈がかなり独自でおもしろい。


クリーミィなカレーの上に粉チーズのようにココナッツファインがかかっているんです。
辛さはごくごく控えめ。
このお店のカレーはみなそうらしく、辛くして欲しい人はオーダー時に言えばOKとのこと。
卓上にもチリパウダーが置いてあるので自分チューニングもできますけどね。

合わせたのはこちら。

★マータ ピラフ ¥735

メニューにはカタカナ表記で「ピラフ」とありますが、声に出しても店員さんにはなかなか伝わりません。
それもそのはず、英語表記はPillawつまり「プラオ」なのですから。
ライスは日本米を使用。
ターメリックとクミンで炒めてあります。具材はグリンピースとピーマン、ショウガ、タマネギ。
昭和喫茶のドライカレーを彷彿とさせる味わいです。


まだ名古屋にインド料理がほとんどなかった時代。
その魅力をどう伝えようか、どう受け入れてもらおうか。
そんな苦心の跡が随所に感じられ、さまざまに興味深いお店でした。

カレー細胞公式ストアOPEN!
ポケットカレーはじめ私がセレクトした色々なカレー商品を追加していきます。
ブックマークお願いいたします。


●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:インド料理 | 伏見駅栄駅(名古屋)丸の内駅

関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント