fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

世界一美味しい珈琲はカレーの後の珈琲である。『カフェ東亜サプライ』(門前仲町)

門前仲町に用事があったのだけど、ちょっと早く着いたのでカフェで仕事でもしようかなと。
駅出口のすぐ脇に、年季の入ったカフェを発見。


『カフェ東亜サプライ』

お店の前の看板には「マサラカレー」という文字が。
これは入らねば。

一階が珈琲専門店、二階がカフェのようですね。


狭めの階段を登ると、思った以上に広々。
老舗ならではの贅沢な空間使いですね。

待ち合わせにも、時間つぶしにも、一息つくのにもかなりイイ。

さてメニュー。

カレーは「マサラカレー」と「ドライカレー」の二種。
「ドライカレー」のほうには「辛」の文字が書かれています。

珈琲の香りにこだわる喫茶店が「マサラ」という文字を使うからには、スパイスの香りにもこだわるに違いない。
そして同時にラインナップしているドライカレーはさらに味が濃いに違いない。

その予想は的中でした。

★ドライカレー(ドリンク付)¥880

たっぷりのクミンシードの他、カルダモンが強く香り、
煮詰まったような独特のニガ辛テイストはどこか初代『ニューキャッスル』を思い出させてくれます。
ご飯の量が結構多いのですが、カレーの味も濃く辛さもええ感じなので残らずバランスよくいただくことができます。

いやいやこれは大当たりの喫茶店カレーですぞ。

もちろん珈琲も高レベル。

ストロングタイプの「キングアーサーブレンド」を選んでみました。
まぁ、強いですよね。アーサー王。

カレーのあと口に残ったスパイスの香りが珈琲の濃いアロマと結合して、鼻に抜ける空気にダンディズムを感じます。

そう、「世界一美味しい珈琲はカレーの後の珈琲である。」という言葉、まさにそのもの。

こちらのお店、新宿に本社を構えるトーアコーヒーの直営店として1980年にオープン。
堂々40年越えの年季でした。
門前仲町のほか、東松原にも直営店『珈琲専門店東亜 東松原店』があるようですが、
カレーメニューはちょっと違って「ジャワカレー」なんてのがあるみたい。

そっちも気になりますね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/5507-555e42e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)