fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ニューデリー出身のインド人シェフが作る、和風テイストの欧風カレー。『キムラレストラン』(池ノ上)

下北沢の隣駅、池ノ上。
実は下北沢の中心街から徒歩で10分もかからない距離にある住宅街には、意外と「いい店」があるんです。
ここもそう。

『キムラレストラン』

オープンは2011年6月。
店名からは想像がつかないのですが、インド人シェフによるインドカレーがいただけるお店なんです。
けれども、それだけではありません。


シェフはインド・ニューデリー出身のダスさん。
来日してからイタリアン、フレンチ、中華、洋食屋で28年勤務した経験を活かし、インドカレーと欧風カレーの両方を提供するお店となっているんです。

インドのスパイス、和洋の調味料、日本で作り、日本で食べてうまいと思える料理を心がけている素敵なレストランです。
ちなみに店名のキムラは奥さまの苗字です。


★キングフィッシャー ¥700

インドのビールもありました。

さて、前回訪問時はインドカレーをいただいたので今回は欧風カレーといきましょう。

★ポークステーキカレー(辛口) ¥1500

カレーの「ルゥ」には牛骨、カルダモン、クローブを使用。辛口オーダーしたらなかなかの辛さ。
けれどただ辛いだけでなく、旨みがしっかり生きて食が進む良きバランスです。


特筆すべきはポークステーキ。
醤油をベースに味醂、酒、ニンニク、タマリンドを用いた和風バターソースで仕上げており、単品でもメインを張れる美味さ!
(実際、単品オーダーも可能)

さらにポークの肉汁、ソースの酸味がカレーに混ざり合えばもう最高。
ほんと良くできてます。
日本での長きにわたる調理経験があってこその一皿。
『キムラレストラン』ならではの欧風カレーです。

ちなみにこの店、以前ら王様のブランチで紹介されたカレーパンも人気だったはず。
今はやってないのかと聞くと、最近久しぶりに作って販売したのだけれど、コロナの影響でそもそも通りに人がおらず、ずいぶん余らせてしまったのだとか。

下北沢には随分活気が戻っていますが、少し離れた池ノ上はまだまだ大変みたい。

逆に今なら穴場といえますよ。

カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/5498-49022b03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)