fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

スパイスカレー文化を牽引した、あのイチさんが大阪復帰。『コイチカレー』(長堀橋)

名店『旧ヤム邸』で長きに渡りチーフを務め、大阪スパイスカレー発展の立役者となったイチさんこと藤田一也シェフ(二塁手とは別)が独立。
大阪に戻り、自らのカレーブランド『コイチカレー』を再開!


場所は長堀橋駅からすぐ。
休業中の『和泉屋バー』を間借りしての営業です。


『コイチカレー』

2022年5月1日オープン。
さすがの人気ぶりで客が途切れることはありません。

その日のメニューはSNS及び店内の黒板にて。

ほぼ毎日、何かしら内容が変わるという変幻自在ぶりです。
やややや、これは食べたいものばかり!

ここはあいがけで攻めてみたいところ。

★3がけ ¥1500
・コリンキーと万願寺唐辛子の牛スジカレー
・貝小柱入り柚子胡椒風味の鶏キーマ
・ロビア豆と空芯菜のシイラのカレー
・マサラ玉子 ¥100
・パクチーのせ ¥100
・ツブ貝のアチャール ¥100


写真ではわかりませんが、堂々の30cm皿!
その迫力に「おおっ!」と声が出てしまいます。

ビジュアルはこれぞ大阪スパイスカレーというべきもの。
最近はどこかを真似たようなビジュアルの新店も多いのですが、こちらはホンモノ。
大阪スパイスカレーシーンを作り上げてきた張本人による「これがスパイスカレーや!」な一皿です。


まずそそられたのがシイラのカレー。
カジキよりさらに肉食動物感のある味わいに感じました。
つまり、白身でありながら血合いのような脂が乗っており、それでいて筋繊維はギュッと詰まっているという。
これは面白い。

鶏キーマはまさに『旧ヤム邸』を彷彿とさせる・・・
というか実際作っていた本人なので、とてもイチさんらしいキーマといえましょう。

そして牛スジ、これめちゃくちゃ美味い。
今まででトップクラスに美味い牛スジカレーかも。

副菜ではツブ貝のアチャールの酸味と食感、ほのかな苦味が最高。

さらに特筆すべきは、ホールのカルダモンがガンガンに用いられているんです。
イチさんのカレー、とりもなおさず『旧ヤム邸』のカレーの大きな特徴であるカルダモン。
最近は価格高騰が凄く、名実ともに「スパイスの女王」となってしまったカルダモンを、
あいも変わらずふんだんに用いているところに、力強いポリシーを感じ嬉しくなりました。

お腹いっぱい、満足感マックスの一皿でした。


現在はランチ営業のみですが、今後週末の夜営業も検討中とのこと。
つまめるスパイス料理にも定評があるイチさんだけに、これは期待です。
たこ焼きも出るかな?


カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

コイチカレー



関連ランキング:カレーライス | 長堀橋駅心斎橋駅松屋町駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/5477-3451299b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)