fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

京の夜、創作カレーでスパイス飲み。『curry & bar 240(ニコヨン)』(二条)

京都・二条で夜遅めまでやってるcurry & bar。


『CURRY&BAR NIKOYON(240 ニコヨン)』

一見カジュアルな店構えながらミシュラン京都2022ではビブグルマンを受賞。
京都カレー界でかなりの存在感を示しているお店です。
実は近隣のライブハウス『GROWLY』の飲食部門なんですよね。


壁にはテクノなガネーシャの姿。
アイコン性も抜群です。


★ニ種あいがけ ¥1300
・魚介出汁肉吸いカレー
・パキスタンカレー


なかなかにパワフルなビジュアルです。

「肉吸い」ってワードは関東の人には馴染みがないかもしれません。
いわば肉うどんのうどん抜き。
(妖怪「肉吸い」とは違いますよ)

シャバッとした汁には魚介(鯖?)の出汁が効いており、牛肉の旨味と相まってサラサラいただけます。

一方のパキスタンカレーは、最近でいうところの「無水カレー」の類。
札幌「カラバト」横浜「サリサリ」を起点に広まった、パキスタンの家庭式チキンカラヒがベースになっていると思われます。
こちらのパキスタンカレーは「カラバト」と比べるとズシっとオイリーな仕上がりで、さらにフライドオニオンを用い食感にもインパクトを出しています。

出汁系×ズッシリ系でお酒マル必なカレーたちですね!

付け合わせも個性的。

特に長い長い穂先メンマのアチャール、もといピクルスが面白いですね。

その他、うずらの玉子が思いのほか酸っぱめだったりと、独自のアプローチありあり。


★キューバリバー ¥550

お酒はカジュアルなものを中心にウイスキー、ワイン、ビール、カクテルなど取り揃え。
気軽に飲める酒場としても使えそうです。


カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

240



関連ランキング:インドカレー | 二条駅二条城前駅

関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/5473-d59996bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)