fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

シモキタ・柏ボンベイ・リローデッド。『SANZOU TOKYO』(下北沢/東北沢)

下北沢、かつて「開かずの踏切」があった線路跡にできたスタイリッシュスポット「reload」。

ここに、ちょっと見逃すことができないカレーのコンセプトショップがあります。


『SANZOU TOKYO』

3匹の象で『SANZOU』。

そのHPにはこうあります。

衣•食•住の熟練者3人の〝ゾウ〟の集いから誕生したサンゾウトーキョー。
カレークリエーターISONOCURRYMANがスパイス織りなす絶品カレーと
個性豊かなメンバーの交友関係から創り出されたアイテムはギャラリーで展示。
販売はすべてオンラインでおこなう今までにないコンセプトショップ。


ISONOCURRYMANとは実は、『デリー系』の老舗名店『柏ボンベイ』のオーナーシェフ磯野さん。
この『SANZOU TOKYO』では『柏ボンベイ』とはまた違った、自由なカレーを取り揃えています。


イートインスペースは『柏ボンベイ』恵比寿店と同じ立席カウンター。


その脇には展示スペースがあり、ここに並んだ作品はサイト経由で購入するという仕組みです。

カレーのオーダーは券売機にて。

上段には『柏ボンベイ』の定番、チキンカレー、カシミール、コルマ。
その下にはフジ、タリン、デスバレー、ウルルと個性的な名前がつけられたカレーが。

ワクワクしますね。

そんな中でも私の1番のお気に入りがこちら。

★ウルルカレー ¥1200

実はこれ、『柏ボンベイ』で私が大好きな裏メニュー『赤キーマ』。
極辛のカシミールを粗挽きドライキーマとして分解再構築した、至福の一品。
レギュラーメニューとして出しているのはここだけじゃないかしら。


ギュッギュッとした肉の噛みごたえ。
ジュジュジュッと染み出すカシミールの辛さ。
カシューナッツとブラウンマッシュルームによる食感変化も楽しく、バクバクと食がすすみます。

気がつけば口の中がヒーハーヒーハーな幸せ。


食後にスッと出てくるミニチャイも『柏ボンベイ』の系譜ならではです。

「美味しそう・・・でも私辛いの苦手だし・・・」

というあなたにはこちらがオススメ。

★ペトラカレー ¥1300

ウェットタイプの和牛キーマに山椒の仄かな香り。
辛さ控えめの旨味推しキーマです。


しめじも入ってより和風テイストに。
とっても食べやすいですよ。

老舗『ボンベイ』の看板を用いないことで、カレーの自由な側面を見せてくれる『SANZOU TOKYO』。
ここからどんなカルチャーが発信されていくのか、楽しみですね。


カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

SANZOU TOKYO



関連ランキング:カレー(その他) | 下北沢駅東北沢駅池ノ上駅

関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/5418-50ba8cdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)