fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

三条カレーラーメンの老舗で肉三昧。『大黒亭 松屋小路店』(北三条)

今や新潟五大ラーメンの1つに数えられるご当地グルメ「三条カレーラーメン」。
その発祥といわれるのが創業1933年の大老舗『大黒亭』。

現在『大黒亭』は市内に3店舗あり、その『松屋小路店』へと訪問。

『大黒亭 松屋小路店』

1957年、『大黒亭』創業者の息子さんが暖簾分けでオープンしたお店です。


初代店主が戦前東京で働いていたレストランで食べたカレーがきっかけで生まれたのが『大黒亭』のカレーラーメン。
既存のルゥが手に入らなかった時代に、小麦から自家製のルゥを手作りしていた製法を今も受け継いでいるそう。

三条カレーラーメンにはラーメンスープにカレーをあとからかける「あとがけ」タイプと、
スープをカレー味で仕込む「カレースープ」タイプがありますが『大黒亭』は後者。

お店ではカレーラーメンではなく「カレーそば」と呼ばれています。

『松屋小路店』の雰囲気はとてもアットホーム。

写真撮影はOKどころか積極推奨。


地元の食材を積極的に用いるだけでなく、


地元出身者も積極的に応援するスタイルに和みます。

さて、『大黒亭』のカレーそばは、基本レシピは共通ながら店舗ごとに個性があります。

『松屋小路店』ではこんなスペシャルバージョンも。

頼まない理由はありません。


★肉三昧カレーそば ¥1250

2種のチャーシューに加え、越後のもち豚を用いた中華風とんかつがドン!と乗った豪華版カレーそば。


煮干と昆布の出汁をとったスープに自家製カレールーをミックスして作ったカレースープはとろみがあり、なかなか冷めないタイプ。
ネギの代わりに玉ねぎが用いられているのも特徴ですね。


麺は自家製。
ストレートな細麺で、麺と麺の間にカレーが良く絡みます。
一方、もち豚仕様の中華風とんかつはきめ細かな肉質で単品としても満足できるクオリティ。
そこに食べ応えあるチャーシューの旨味も重なりあい、なんとも贅沢な一杯に仕上がっています。

充分に満腹、
充分にカレー食べた感、
充分にラーメン食べた感、
充分にお肉を食べた感が全て備わりつつ、
意外にも食後感は重くないのも素晴らしいところ。

「また食べたい」と思わせる食後感も、お店が長く続く秘訣なのでしょう。


カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
『大黒亭』も掲載しています。
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

大黒亭 松屋小路店



関連ランキング:ラーメン | 北三条駅三条駅

関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/5414-857f9327
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)