fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

健在!元祖スリランカ系スープカレー。「ポレポレ」(南郷18丁目)

今でいう「札幌スープカレー」には大別して3つのルーツがあります。
「スープカレー」という言葉を初めて用い、一大ブームを巻き起こしたのは1993年創業の「マジックスパイス」で、そのルーツはインドネシアのソトアヤム。
ところが、スープカレーブームになってから改めて見渡すと「実はあれもスープカレーだよね」と、「マジックスパイス」以前から営業するいくつかの店も「スープカレー」ジャンルに組み込まれていきました。

ひとつは1971年創業の「アジャンタ」を祖とする「インドカリ」。
そしてもうひとつの「スリランカカリ」の元祖がこちら。


「ポレポレ」

アジアやアフリカなど世界24か国を旅したマスターにより1978年創業。


店名の「ポレポレ」は、東アフリカのスワヒリ語で「ゆっくり」とか「のんびり」という意味です。


広々とした店内ではマスターの他、3人の女性店員たちが接客を担当をしつつ、玉ねぎの皮むきなどの仕込みをサポート。


ちなみにこちら、今で言うスープカレー店で間違いないのですが、
スープカレーというコトバが流通する前から営業しているのでメニューに「スープカレー」の文字はありません。
(表看板にはスープカレーの文字が加えられていますね)


★スリランカ ¥1230
・激辛(30番)


「スリランカ」はチキン、野菜、玉子が入った「ポレポレ」の看板メニュー。
スリランカといってもスリランカ料理の再現ではなく、あくまでもインスパイア。
このようなスープカレーがスリランカにあるわけではありません。
あくまでも、札幌で誕生した「スリランカカリ」。

マスター曰く「うちは和風スリランカです」。


油ひかえめ、和風ダシがベースのスープにスパイスがじんわり。
辛さ30番といっても決して無茶な辛さではありません。


ボリュームたっぷりな鶏モモ肉。
じっくりホロホロになるまで煮込まれています。
骨の端っこを齧れば、カラダに染み渡る髄の滋味。

ジャガイモ、ニンジンといった野菜の美味さも北海道ならでは。
他県ではなかなかこうはいきません。


別添えで温玉がついてきます。
辛さをリセットしたいタイミングで投入しましょう。

さらに、ビローンと伸びる自家製ヨーグルトもセット。
食後の胃腸を労わってくれます。

札幌スープカレーの歴史に名を刻む老舗ながら、その佇まいは今も自然体。

ゆっくり、のんびり、ポレポレで。


「ポレポレ」も掲載。
カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ポレポレ



関連ランキング:スープカレー | 南郷18丁目駅南郷13丁目駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/5384-0c4008da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)