fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

リトルカトマンズのネパール焼き鳥居酒屋。「バジェコセクワガル」(大久保)

いまや星の数ほど現地式ネパール料理店が犇く新大久保・大久保界隈。
こちらは大久保駅北口まん前という好立地にあるお店。

「バジェコセクワガル

セクワは日本で言えば焼鳥にあたるもの。
(焼くのは鶏肉とは限りませんが)
ガルは呑み処。
https://currycell.blog.fc2.com/img/fc2blog_2022041321235937b.jpg/“>https://blog-imgs-154.fc2.com/c/u/r/currycell/fc2blog_2022041321235937bs.jpg”/>
つまりこちら言ってみればネパールのカジュアル焼鳥居酒屋です。


メニューを開けば見開きまるまるセクワ。


しかも生前写真付き。
生命をいただく覚悟が生まれます。


★オルドダルバー ¥450

まずはネパールウイスキー「OLD DURBER」をコーラ割で。


セクワが焼きあがるまでの間、おつまみのサービスです。

ほどなく厨房からジュワーッという音。
いよいよセクワの登場です。

★マトンセクワ ¥790

そう、実はこちらのセクワ、串焼きにした肉をさらにスパイスマリネして鉄板焼きにして提供するんです。
「デリー」でタンドリーチキンを頼んだことがある人ならわかるアノ感じ。
アッツアツのジューシー&スパイシー。
流石の看板メニューです。
めちゃくちゃ旨い。

さて、締めはダルバート・・・と思っていたのですが、方針変更でこちらをオーダー。

★ビリヤニ(チキン)¥790

なんとビリヤニがあったんです。
米の仕上がりはしっとり。ローズウォーターがガッツリ効いた香り高きビリヤニ。
今はなき桜台「ドバイビリヤニ」を思い出します。

嬉しい誤算だったのはこちらダブルチキン仕様だったこと。
つまり米と一緒に炊き込まれた鶏肉に加え、骨付きの立派なタンドリーチキンがまるまる二本。これは凄い。

ランチでインネパメニューを提供しているが故のラッキーパンチですね。

カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/5371-ed9fc92e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)