fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

住宅街に現れた、ブラックペッパー推しスパイスカレー店。「魔女の一撃」(中野坂上)

中野坂上の住宅地に現れたスパイスカレー店。
というか、ほぼ住宅地の住宅に見えるスパイスカレー店。

「魔女の一撃」

オープンは2020年5月7日。
知らなきゃ絶対見つけられません。

店名からは激辛カレーを想像しちゃいますが「魔女の一撃」とはドイツ語でギックリ腰の意味ですよね。


カレーメニューは2種類。
「スパイスチキンカレー」と「魔女Ver」。

前者はシャバめのスパイスカレー仕様で、後者は辛さをUPしたドライな無水チキンタイプ。
いずれも胡椒のパンチにこだわっているようです。


★魔女Ver+ソーセージ+コーン ¥1000

おおぅ、予測値を越えてドライですね!
これは良い。


水分を飛ばしまくったカレーはなかなかの辛口。
ホールのブラックペッパーがガッツリ入っており、ブワッとスパイシー。

無水は無水でも、パキスタン人が作ったガッツリ系カラヒのような振り切り方。
「アルカラム」や「ナーンイン」、それから大阪の「ガンジーカレー」あたりが好きな方にオススメであります。

さらにトッピングのコーンがとってもいい役割。
程よいジューシーさを加えるとともに、食感のアクセントにもなります。
「GHEE」系のドライカレーにコーンが入っているのと同じ考え方ですね。

食後にはコーヒーが飲みたくなりました。

★コーヒー ¥350

酸味などどこ吹く風の、がっつりビターに振り切ったブレンド。
カレーの方向性とともに、一貫したものを感じます。
コーヒーにガーナチョコレートと東鳩ソルティが付いてくるのもいい感じ。

実は私が高校時代、生まれて初めて通ったカレー店が、ブラックペッパー推しのカレーとビターなコーヒーのお店だったんですよね。
なんだか懐かしくなってしまいました。
・・・そのお店は震災で無くなってしまったんですけども。

こちらのカレーも誰かの「思い出の味」になるくらい軸をずらさず続けて欲しいものです。
そのポテンシャルはあるカレーですよ。

カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/5369-244a9f5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)