fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

創業80年越え。坂口安吾が100人前オーダーしたカレー。「辰巳軒」(石神井公園)

創業昭和14年(1939年)。
石神井公園の素晴らしき町中華であり、大衆洋食店。

「辰巳軒」

一軒置いた先には同じく1939年創業の「ほかり食堂」もあり、
再開発が進む駅前において、このあたりだけは不動の空気感を纏っています。

実はここのカレーにはちょっとした有名エピソードがあって、
作家の坂口安吾氏が石神井にあった壇一雄宅に身を寄せていた際「カレー100人前」の出前をしたのがこの「辰巳軒」と「ほかり食堂」。

この競輪告訴事件の泥沼化により疲れ果て、アドルムを多量に服用し伊東市から離れて、被害妄想から大井広介邸など転々と居場所を変えることになり、妻・三千代の実家や石神井の檀一雄宅に居候する。檀一雄の家に身を寄せていた頃、安吾は「ライスカレーを百人前頼んでこい」と妻に言いつけ、三千代夫人は仕方なく、近所の食堂や蕎麦屋(「ほかり食堂」と「辰巳軒」)に頼み、庭に次々と出前が積み上げられていくという「ライスカレー百人前事件」を引き起こす。
Wikipedia坂口安吾 より引用

日本文学史に奇妙なカタチで名を残した「辰巳軒」ですが、そのカレーのレシピは当時から変わっていないそう。


テーブルのメニューには、
・カツカレー
・カレーライス
・ドライカレー
と3種のカレーがラインナップ。

その他に洋食、中華、定食メニューがあれこれ。
これで全部ではありません。


壁には単品料理メニューやセットメニューがズラリ。
ここを見逃すと損をするんです。


★カツカレー ¥800

さぁやってきました。
独特の風格をまとったカツカレー。
カツの上からカレーを後がけしたタイプです。


カレーはネットリという表現以外思いつかない粘度。
カレー粉とラードのコンビネーションでしょうか。

そして酸味に全振りした味の個性。
福神漬けの汁やら何やら用いているのでしょう。
塩気も強めで、食が進みます。

五反田「スワチカ」あたりのカレーが好きなら特に体験すべし。


そしてカツはゴワッとした厚めの衣でなかなかの迫力。

カレーもカツも、いずれも負けることのないインパクトです。

これは100人前頼みたくなる気持ちがわからないでもない。
とにかく印象的な、またすぐ食べたくなるタイプのカレーです。

そしてもう一つ、「辰巳軒」で忘れてはならないメニューがこちら。

★ハムカツ ¥200

俵型のハムカツなんて見たことないと思っていたら、実は中にポテサラをくるんでいたんです。

薄くサクッとした衣に薄いハム、そしてやわらかなポテサラ。
このコンボ食感はあるようでない個性です。

このハムカツ、卓上メニューには記載がなく、壁のメニューにだけ書かれていることに注意ですよ。


昔ながらの洋食風情ながら、随所に光る個性。
老夫婦の心温まる接客にも癒されます。

最高です。


カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

辰巳軒



関連ランキング:定食・食堂 | 石神井公園駅

関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/5362-7cbcfbd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)