fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

札幌スープカレーの元祖レジェンド、初の道外進出は伊豆の温泉地!?「アジャンタ インドカリ店 伊豆長岡」(伊豆長岡)

札幌スープカレーの元祖レジェンド「アジャンタ インドカリ店」が道外初進出!

場所は… なんと伊豆長岡。



「アジャンタ インドカリ店 伊豆長岡」

2021年7月21日オープン。


長岡温泉の中心街にふさわしく、「弘法の湯」という温泉施設とつながった建物。
これは面白い。


オーダーは券売機にて。

メニューは昨今のスープカレー店のように細かくカスタムするのではなく、非常にシンプル。
辛さを数字でオーダーする店が多い中、こちら辛さ控えめにする場合は店員さんに申し出、辛さ追加は卓上のマサラスパイスで行うという潔さ。

それもそのはず。

スープカレーに辛さを数字で選べるシステムを導入した「スリランカ狂我国」より「アジャンタ」の方が古いのですから。


POPでカラフルな店内にはガネーシャ像も。


スープカレーという言葉を広めた「マジックスパイス」登場よりはるか前、70年代に生まれたこの店のカレーはインドのカレーを元にした「薬膳カリィ」。
インドネシアやスリランカなど様々なルーツを持つスープカレーの中でも「アジャンタ」はインド。だからガネーシャなんです。


★とりやさいカリ ¥1900

「アジャンタ」の基本である「とりカリ」と「野菜カリ」を組み合わせた贅沢仕様。

骨付きチキンに負けない迫力のカリフラワーに目を見張ってしまいますね!

スープは出来立てアッツアツ。
じんわり、けれどスルスルといただけます。
スパイスの香りと鶏ガラの旨味をしっかり吸収したオイルが具材にも絡まり、カラダの芯からポカポカとしてきますね。

デフォルトでもそれなりの辛さはあるのですが、更なる刺激を求めるなら・・・

卓上のマサラスパイスを一振りして辛さ増ししましょう。


お店のLINE登録でラッシー1杯サービス。

このラッシーがちょっと只者じゃない。
ミントがスゥーッと香り、辛いスープカレーの後にズバリ幸せを運んでくるんです。

食後の楽しみはラッシーだけではありません。


お隣の「弘法の湯」にスープカレーの半券を提示すると割引があるそう。
これは入湯せずには帰れませんよ。

しかし、札幌スープカレーの元祖が道外進出の地に選んだのがなぜ伊豆の温泉地なのでしょう?

実はこちらのお店と「弘法の湯」、法人は違えど経営母体は共通。
といってもFCやのれん分けではありません。

札幌「アジャンタ インドカリ店」の跡継ぎ問題に際して経営を引き継ぎ、温泉施設のある伊豆長岡にもお店を展開したというわけ。

湯治場である「弘法の湯」と、薬膳カリィである「アジャンタ」、確かに両事業は根っこが共通していますもんね。

なるほど、フッと腑に落ちました。


お隣の「弘法の湯」も岩盤浴あり、ミストサウナあり、露天風呂ありでかなりおすすめ。

カレーと温泉、サウナ好きなら行かねばならない場所ですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

アジャンタインドカリ店 伊豆長岡



関連ランキング:スープカレー | 伊豆長岡駅韮山駅

関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/5323-20bba88d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)