fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

東京八重洲にスープカレーの名店進出。「奥芝商店 東京駅浪漫号」(東京)

ジャンル違いのカレー店4店舗が八重洲地下街に集結。「TOKYO CURRY QUARTET」2022年2月2日オープン。


スープカレー「奥芝商店」
洋食カレー「銀座スイス」
大阪スパイスカレー「コロンビア8」
インド料理「シターラ ダイナー」

カレー各ジャンルのレジェンド店をよくぞ集めたものです。

今回は北海道スープカレーの名店「奥芝商店」へ。


「奥芝商店 東京駅浪漫号」

東京駅らしい店名になっていますね。

オーダーはタッチパネル式。

写真付きで判りやすいですね。

店内にはどどーんとJAPANESE CURRY AWARDS受賞のタペストリーが。

しかもロゴがディーテールアップされています。
ありがたや・・・・


★ハスカップらっしー ¥450

まずは北海道ならではのラッシーを。
独特の甘酸っぱさが堪りません。


★おくしばーぐカリー ¥1980
・大辛 +¥100
・ライス小盛
・日本一のカチョカバロ +¥400


メインの具材は日本最北端、宗谷岬にある宗谷岬牧場で生産された希少な北海道宗谷黒牛100%のハンバーグ。
「希少」「日本一」とそそられるワードが満載ですな。

大洋に昇る朝日の如きえびせん、これがなかなかのアイデア。
パリっとした食感が良きアクセントになるし、スープに浸しても面白い。
海老スープを身上とする「奥芝商店」だけに相性も抜群なのです。


そしてブニュンブニュンと威勢の良い食感のカチョカバロ。
これは天国の食べ物。
超希少牛のハンバーグも肉感たっぷりで満足。
肉の味わい的にはクセなくスッキリした印象です。

そしてもちろん、野菜の新鮮さが頼もしい。
「奥芝商店」って店舗ごとにメニューや食材が違うので、いつも新しい楽しみが待っているんですよね。


店頭ではカレーパンも販売。
スープカレーの名店が作るカレーパン、興味が湧きますが・・・また今度。


カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

スープカレー奥芝商店 東京駅浪漫号



関連ランキング:スープカレー | 東京駅京橋駅宝町駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/5320-41e123e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)