fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

玉ねぎ、それ自体の魅力を楽しむためのカレー。『Komi'z』(神田)

カレーライスには玉ねぎが欠かせません。
けれどもここまで玉ねぎを全面的に押し出したカレーというのは他にないのではないでしょうか。

お店は神田駅からスグの場所。

『Komi'z』

「コミズ」と読みます。
オープンは2020年12月1日。
昨今のスパイスカレーというよりも、オーセンティックなカレーライスのお店。

メニューはトッピング色々。
辛さの調節も自在。

いろいろ迷ってしまいそうですが、ここでしかいただけないメニューを頼むならこちら。

★丸ごと玉ねぎカレー ¥700
★10辛 +¥100


見てくださいこのビジュアルの圧!
ライスと同じ大きさの玉ネギが丸々一個。
国産玉ネギの最高峰、淡路産の玉ねぎです。


ベースのカレーはシンプル。
ビーフがほぐれルゥと一体化するまで煮込んだビーフカレーです。
10辛は程よい辛さ。
最初少し甘くて後から辛さが来る、関西甘辛系カレーのタッチを感じます。


そしてメイン具材の玉ねぎはナイフでカット。
柔らかく茹でられた玉ねぎをカレーにつけていただくと、自然な甘みが加わります。
玉ねぎ自体をじっくり味わうためのカレーといえるかもしれません。

カレーを作る上で欠かせない存在ながら、普段は引き立て役に回っている玉ねぎが主役のカレー。
映画で例えるならば、國村隼さんや小日向文世さんを主役に据えた作品と言えるかもしれません。

もちろん、この丸ごと玉ねぎカレーにハンバーグやカツなどのトッピングを加えることも可能。
けれどたまには、玉ねぎの渋い演技を楽しむことに徹しても良いのではないでしょうか。


カレー細胞 初の単著「ニッポンカレーカルチャーガイド」
ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/5309-6b1552b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)