fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

現地感と抜群のセンス。柏の掘り出しものスリランカ料理。「カーサパスカーレ」(逆井)

茨城から千葉北部にかけて広がるスリランカコミュニティ。

意外なところに意外なほどハイレベルなスリランカ料理店があったりするのですが、今回はまさにそう。

柏市、「さかさい」と読む逆井駅から徒歩5分ほど。

和の料亭のような店構えに、イタリアンのような店名。


「カーサパスカーレ」(Casa PASCALE)

スリランカ人のご夫婦が営むアットホームなスリランカ料理屋さん。

店主のワィジェシンハ・アーラッチゲ・ドゥミドゥ・ニシャドさんはイタリアで料理修業の経験があり、店名はその時の恩師の名前から。
オープン当初はイタリア料理も提供していたそうですが、今ではスリランカ料理一本に絞られています。


カウンター奥にずらり並ぶアラック(スリランカの蒸留酒)。
平常時はスリランカの皆さんの飲み処となっていたのでしょう。


店内は広々としており、テーブル間隔にも余裕あり。


真ん中のテーブルには新鮮なミリス(唐辛子)が直売されていました。
そう、この辺りってスリランカ人やらの畑もあるんですよね、確か。


その他、米やスパイスなど食材も販売しています。

メニューを見てみましょう。
ライス&カレープレートをはじめビリヤーニ、コットゥロティ、デビル、ストリングホッパーコットゥ、ココナッツロティ(ポルロティ)まであり、なかなか唸らされるラインナップ!
これは日本人客だけを相手にしているお店ではなかなか実現不可能。
需要がある立地だからこそのメニュー構成です。


★ランプライス ¥1300(税込)

バナナリーフで包まれたスリランカの贅沢なお弁当「ランプライス」。
小さな旗までついて、なかなか洒落ています。

早速紐解いてみましょう。


うわぁ、美しい。
バスマティをココナッツミルクで炊いたご飯は鮮やかなターメリックライス仕立て。
ランペ、赤玉ねぎ、カラピンチャも惜しみなく使われています。


メインのカレーはドライマトン。
その他にナスのモージュ、甘辛なシーニサンボル、カトレット、フライドエッグ、チリペースト。
ローストカシューナッツもドッサリ。

一気に混ぜ合わせていただきましょう。

唐辛子よりもブラックペッパー強めな辛さで個人的には大変に好み。
しかも見た目の量に反して、するするといけます。
多分、油を相当控えているんでしょう。
この日は午後4軒めながら、気が付くとペロリ完食。

脳が「この店は美味い」と感じたら、デザートまでいけちゃいますよ。

★アボカードーとバニラアイス ¥360

アボカドを滑らかになるまでミキシング、シェイクのような状態にしたところにバニラアイスクリームとミントを投入。
これがなんとも不思議に美味い。
アボカドを甘くクリーミィにいただくのは大いにアリ。
先日の「ajicoカレー」もそうですが、スリランカ人シェフはアボカドをデザートに持ってくるの上手いですね。

立地が立地だけに、現地感は予想通り。
けれど、それにも増してスマートなセンスを感じる料理をいただくことができました。

ここは、かなりの良店ですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カーサ パスカーレ



関連ランキング:スリランカ料理 | 逆井駅増尾駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/5227-b980c8f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)