fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

中華料理店の名物は黒いカレー。「中華 大島」(柏)

静かに注目を集める柏のカレーシーン。
その中でも異色のお店がこちら。

「中華 大島」

見ての通り、鄙びた外観の老舗中華料理店。

ですが今や、ここの名物はカレーなんです。


柏を代表するカレーといえば「ボンベイ」。
「デリー」から派生した今や超老舗ですが、こちら「中華大島」のカレーもその系譜に連なるカレーなんです。

詳細な経緯に関しては割愛しますが、ザックリ言えば戸塚の「横浜ボンベイ」で働いていた方が実家の中華料理屋を継ぐにあたり、習得したカレーをここで提供し始めたという流れです。


メニューの下に「カレーは人生のスパイス」とありますが、まさにそれ。
それぞれのカレー店のそれぞれのカレーには、その作り手やオーナーが歩んできた人生が刻まれていますからね。


★シャヒジャルカレー ¥950

「デリー」「ボンベイ」と受け継がれたシグネチャーメニュー「カシミール」や、横浜ボンベイ直伝と書かれた「薬膳カレー」などもある中、実はこのオリジナルカレーが食べてみたかった。


パッと見はカシミールのような漆黒。
けれどもガッツリ用いられた玉ねぎでとろみが出ています。


シャヒは「甘い」、ジャルは「辛い」のネーミング通り、辛さの中に玉ねぎの甘味がじんわり効いたバランスよい仕上がり。

辛さはカシミールと比べるとかなり控えめですが、ホールのカルダモンが皮ごと用いられているなど香りのメリハリは抜群。
なるほどこれは一つの完成された美味カレーではありませんか。

近くに本家「ボンベイ」がある分、カシミール食べるならどうしてもそっちに行きたくなるのが本音。
ですが、このシャヒジャルを食べるために「大島」へ来るのは良い選択肢ではありませんか。


食後にはデミタスコーヒー。
これも「ボンベイ」からの良き伝統。
これは末永く受け継いでいっていただきたいものですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

大島



関連ランキング:中華料理 | 柏駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/5225-59f8f16c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)