fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ドイツ料理をベースにしたオリジナルカレーが凄い。「カリー・ザ・ハードコア」(雑司ヶ谷)

ドイツ料理をベースに、スパイスカレーへと再構築した注目のカレー店が雑司ヶ谷にあります。

「カリー・ザ・ハードコア」

大久保での間借り営業を経てこの地に2021年4月21日オープン。
店名そして独特の書体。はて?と思う方がいるかも知れません。
そう、この店ロゴ実は、意表を突くコラボTシャツを次々とリリースするアパレル界の悪童「ハードコアチョコレート」のデザイナーによるものなんです。


こちらの基本となるカレーはドイツのシチュー料理「グヤーシュ」にスパイスを加え、シャバシャバカレーに仕上げたもの。

さらにドイツの「フリカデレ」という一口サイズのハンバーグ、「シュマルツ」という背脂で作るバターのようなものを添えた独特のカレーなんです。

これは体験してみないと分かりませんね。


★ハードコアカレー ¥1000

ノーマルカレーがハンバーグ3個に対しこちらは5個。
さらにチキンドラムが2本入った数量限定のスペシャル仕様。


「ハードコアカレー」という名前で「ハンバーグが5個」と聞けばどんなドカ盛りハイカロリーなカレーかと思うでしょうが、
実際そんなことはありません。
「グヤーシュ」をベースにしたカレーはサラサラで牛の旨味たっぷり。
バスマティと日本米をミックスしたライスと合わせお茶漬けのようにスルスルといけちゃいます。


一口サイズのハンバーグだってホクホクといくらでも食べられますよ。

ドイツ料理をカレーにという試み自体は確かにハードコアですが、カレー自体はとてもホッとする美味さなのです。

そして「シュマルツ」。これがビックリ。
見た目はラードの塊のようですが、とても滑らかな舌触りでバターとクロテッドクリームの中間のような爽やかさ。
これをカレーに混ぜ込むと、ちょっと形容しがたい味変をするのです。

ここからは実際に食べていただくほかありませんね。


こちらはこの日の限定メニュー「あさりのキーマ」。
ホールスパイスもふんだんに用いられ、なかなか「ハードコア」。

ドイツ料理をベースにしたオリジナルカレーの定番性と、日替わりの自在な攻め。
このバランスも魅力ですね。


オーナーシェフの喜多康平さんはなんと元声優とのこと。
異色の経歴も、この店のオリジナリティに一役買っているのかもしれません。

注目のお店ですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カリー・ザ・ハードコア



関連ランキング:カレーライス | 雑司が谷駅(東京メトロ)鬼子母神前駅都電雑司ケ谷駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/5215-1dd4655a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)