fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

カレーからパフェ、蜃気楼のような非日常。「256 nicom」(新検見川)

カレーからパフェへの流れが鮮やかな「256(ニコム)」さんへ久々の訪問。
新検見川駅からバスで15分ほど。「さつきが丘団地」停留所のすぐそば。


「256 nicom」(ニコム)


実は「256」さん、現在は京成中山の別館「256 nicommauve」での営業がメインで、今回は久々となる新検見川での営業。

京成中山ではカレー→かき氷での提供なので、こちらでのカレー→パフェ営業は貴重も貴重。
もともとなかなか予約が取れない店として知られていましたが、次のチャンスはいつになるのでしょうか。

前回の訪問は2年前、いやもうちょっと前だったっけか。
訪問してしばらくした時にiPhoneがクラッシュしてカレー写真データ500軒分ほど飛んだっけな。


「256」の写真もその一つだったんだよな。
ありゃあキツかったな。


純喫茶を改装、クラシックなインテリアやドライフラワーで世界観を作り上げた店内。


現在ほとんどの日程が営業自粛中とはいえ、この空間は残してほしいものです。


というか住みたいな。シャトルバスさえあれば。

刻が来て、目の前の皿にカレーが盛り付けられていきます。

美しい、あまりに美しく緻密。
ベースとなるのはスリランカのライス&カリーですが、そこに収まらない芸術作品となっています。

構成のメインは

チキンカレー
うずら卵カレー
大根カレー
いわしカレー
パリップ

この5つを軸に、驚くほどの品数の副菜たちが。

一品一品に手間がかかっており、センスや技術はもちろんのこと、よほど好きじゃないと作り込めないディテール感に溢れています。
いつまでも眺めていられますが、これを食べなきゃパフェは出てこないわけで。
というかカレーマニアだけじゃなく、パフェ目当てのキラキラしたスイーツ女子のみなさんもちゃんとこのカレープレートを食べる流れになっているのが色々な意味で嬉しいのです。


カレー、食べてビックリしました。
品数が多いので個々の話は割愛しますが、前回と比べてもグン!とレベルアップをしています。確実に。
いや、うめぇっす。

手間の中に愛がありますね。

そして、出てきましたよ・・・パフェ。


「桃のVenus」!!

一体なんでしょう、この卓上のパリコレ感。


いろんなアングル、いろんなフォーメーションで写真を撮ってしまいます。


もうちょっと待ってね。まだ溶けないでね。


ふわぁ、ずっと撮ってられる。

いやいや。

トップに桃が半分ドン!と乗っててスゲエ!と思ったらなんと・・・


桃の内側はブリュレ仕立て!
これはスゲエのどんでん返しです。

皮ごと食える桃ブリュレ、これ食べたら天上界から追放されるやつだな。

そこから紅茶アイス、桃のスライス、下方のジュレへと至るめくるめく冒険。
禁断の領域に堕ちてゆきます。

これ、明日また食いたいと思っても食えないんですよね・・・


多少の遠出など苦にならない非日常体験。

もしもまた突然チャンスが巡ってきたならば・・・絶対逃してはなりません。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

256



関連ランキング:カフェ | 新検見川駅スポーツセンター駅検見川駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/5193-a0797654
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)