fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

祝!復活一周年!早稲田のソウルフード。「早稲田メーヤウ」(西早稲田)

クラウドファンディングにより復活した早稲田のソウルフード「メーヤウ」が晴れて一周年を迎えました。

「早稲田メーヤウ」

信濃町「メーヤウ」から派生しつつも独自の道を歩み、完全なる別物として早稲田生に20年以上愛された「早稲田メーヤウ」。
(2012年の記事はこちら

ここから更に派生した店も多く、信濃町の本家が「他のメーヤウとは関係ありません」と宣言するほどに。
(松本の2店のほか、神保町「ばんび」は元「メーヤウ神保町店」、駒沢大学「ピキヌー」は元早稲田店長が独立したお店)

2017年に惜しまれながら閉店した「早稲田メーヤウ」ですが昨年、かつてのファンがクラウドファンディングを旗揚げ。2020年7月4日に復活オープン。

かつてのお店では「タイカレー」「インドカレー」の2系統を提供してきた「早稲田メーヤウ」ですが、現在はお店が小さいこともありメニューは「インドカレー」に絞られています。
(「タイカレー」は土日限定提供があるようです。SNSをチェックしてみてくださいね)

オープン当初はテイクアウトのみだったのが現在はイートインも解放。オーダーは入り口にて、クレジットカードや交通系カードなど完全キャッシュレスとなっていることに注意です。

店内にはクラウドファンディングの支援者のみなさんのお名前が。
ゴスペラーズ黒沢さんの名前もありますよ。流石。


★チキンカリー ¥900
★プリックナンプラー ¥100
★ラッシー ¥350


こちら辛いもの好きの熱烈な支持を集めた「早稲田メーヤウ」の看板メニュー。やはりこれでしょう!


チキンは骨付き手羽が一本。
揚げが入ったポテトも以前のまま。


ザラっと粒子感ある舌触り、これこそメーヤウ。
そしてええ感じの辛さ、一般的には激辛カテゴリに入るでしょうか。この辛さが中毒性を生むのですね。

時折辛さを和らげるのにラッシーは必須。
水だと辛さが広がります。

また、元々タイカレー店だった所以のプリックナンプラーですが、インドカレーにも合うんです(昔もそうしてました)。塩味と旨味がアップしてなんとも言えない味わいに。素晴らしい。

この日は灼熱の真夏日。
ホットなカレーで毛穴全開。
店を出れば風が心地よい。
都会暮らしで忘れていた汗の涼しさを思い出しましたよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

早稲田メーヤウ



関連ランキング:カレーライス | 西早稲田駅面影橋駅高田馬場駅

関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/5181-2d9029e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)