fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

スパイスカレーのPOPさでバングラデシュ家庭料理。「スパイシーカレー Halal Hub」(東北福祉大前)

仙台に、スパイスカレーのようなポップさでバングラデシュ家庭料理を提供するお店があります。

場所は東北大医学部の裏あたり。


「スパイシーカレー Halal Hub」(ハラール・ハブ)

店主はバングラデシュ人のアブドゥラ・アル・マムンさん。
カフェ&レストラン経営をはじめ、レンタルスペースや英会話プライベートレッスン、ハラール関連の講演など、様々な文化交流に取り組んでいる方です。

入りやすいカフェ調の店内。
ムスリムレストランにマル必な個室だって座敷席として完備。


木の壁も、椅子もハンドメイドだそうで、和やかな温もりが素敵ですね。

メニューには一見スパイスカレー?と思うようなワンプレートカレーの写真がズラリ。
けれどそのどれもがバングラデシュの家庭料理なんですよね。
fc2blog_20210716192309910.jpg
よく見ればビリヤニやハリームもレギュラーメニューに。


ジャルムリやボルタ・・・


ラドゥなどのデザートもあり、バングラデシュの食文化全般に興味が湧くラインナップになっています。

まずはスターターとしてこちらをオーダー。

★EGGボルタ ¥380

マスタードオイルのツンとした刺激がバングラテイストです。

続いてメインディッシュがやってきましたよー!!

これは素敵!!


★幸せセット ¥1480
・ご馳走マトンの旨味カレー
・魚のジョルカレー
・バスマティライス


ハッピーセット!?は選べる2種のカレープレート。
写真左がマトンで右がジョルです。

マトンはプルップルの脂パートがたまらなく味わい深さ。
「クセが無くておいしい」なんて言わせません、羊の魅力を引き出した鉄壁美味。


この日ジョルに用いる魚はティラピア。
そうそう、バングラデシュでは川魚を良く食べます。
ナマズにイリッシュ、ルイー・・・ティラピアはアフリカ原産ですが東南アジアを中心に養殖され、野生化しているんです。
こちらも川魚特有のクセを旨味としてガンガン活かした仕上がり。
メッチャ家庭料理らしいです。

ビジュアルはお洒落なカフェ調スパイスカレーながら、味はメチャクチャ現地式。
この落差が異国料理啓蒙には良いんですよね。


★EGGロール ¥480

こちらはチャパティベースのいわばお好み焼き。
ネパールのチャタマリにも似て、ちょっとした軽食にも良さそうですね。


途中からお店に戻ってきたマムンさん、食後のチャイをサービスしてくださいました。
とても明るくフレンドリーでパワフル。

この店をきっかけにしてバングラデシュに興味を持つ人はどんどん増えていくに違いありません。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ハラール・ハブ カフェ&レストラン



関連ランキング:パキスタン料理 | 東北福祉大前駅北山駅川内駅

関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/5171-95560c7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)