fc2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

平和台奇跡のタイ料理名店、2号店をオープン。「バンハオ2」(平和台)

飲食不毛の地、氷川台・平和台エリアに2011年、忽然と登場したタイ料理店「バンハオ」。
オープン当初から奇跡のようなクオリティで、駅から離れた住宅街にありながら人気店としての地位を確立してきたこの店が、
節目の10年目となる今年4月になんと2号店を出しました。



「バンハオ2」

場所は本店から徒歩5分以内の近隣。
開進第一小学校の近く、平和台駅から徒歩5分ほどと利便性は増しました。

店内はL字型。

カウンター席のエリアと、


テーブル席のエリア。

そして客席よりも広々とした厨房で、シェフたちが動き回っています。
あぁぁ、なるほど。

もともと住宅街のタイ料理店である本店の厨房は手狭。
それがこのコロナで、テイクアウトや宅配(Uber対応しています)が増えるにつれ、注文の殺到にオペレーションが追いつかないこともあったのでしょう。
だからあえて本店の近くに、広い厨房を持つ2号店を構え効率化を図ったわけだ。

こんな近くに支店を出した訳がよくわかりました。

この日はランチ訪問。
地元消費のトレンドを反映しほぼ満席の店内。

ランチメニューを見てみましょう。


圧巻の26種類。
オーナーの奥さんがチェンライ出身であることもあり、北部料理が多いのも嬉しいポイントです。


さらに、グランドメニューを見れば2号店限定メニューもあれこれ。
流石厨房が広いだけあってメニュー数は圧倒的。

さらにランチタイムでもグランドメニューからのオーダーも可能なんです。


ランチタイムは生春巻きとスープがサービスでお得。


★プーケットビール ¥638

扱い店が限られる貴重なビールもいただけます。
※緊急事態宣言前です


★ナムギョウ ¥990
・辛さ8


これをランチメニューで出しているところ、東京でもかなり少ないと思います。
タイ北部の激辛麺料理です。
選べる辛さは8辛にしたのですが、まぁ辛いこと。
純粋な辛さでいうと中本の北極に近いかな。

本国では凝固した豚の血(ルアック・ムー)を用いますが、こちらでは(衛生上の配慮もあり)コンニャクで代用。
スープは見た目ほど重くはなく(辛いけど)、案外すっきりした味わい(辛いけど)です。


★カオガッパオシン ¥1100

こちらは日本でもお馴染みガパオライス・・・なのですが、挽肉ではなくスライス肉を使用のタイプ。
豚と鶏が選べたので豚でオーダーしました。
嬉しかったのはホーリーバジルの量。
実はガパオ=ホーリーバジルのことなので、本来そうあるべきなのですが、日本ではホーリーバジルをケチる店が多く(ってか入れてない店も)、ガパオライス=ひき肉ご飯と思っちゃっている人も多いほど。
ガパオの香り豊かなガパオライスはやはり最高です。


★ガオラオムー(ハーフ)¥638(税込

こちらはグランドメニュー、それも2号店限定メニューからのチョイス。
ランチタイムでもハーフサイズから気軽に頼めます。
豚肉や豚モツを煮込んだスープで、ルークチン(魚すり身団子)が入っています。
旨味と甘味、そしてレモングラスとカー(タイ生姜)の香りで、暑い夏にぴったりのサイドメニューであります。
これはおすすめ。

というか。

やはり「バンハオ」、どれを頼んでも美味いですね。
カオマンガイの美味しさも特筆ものなので、お好きな方は試してみると良いですよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

バンハオ2



関連ランキング:タイ料理 | 平和台駅氷川台駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/5168-d96afede
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)