FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

道玄坂の間借りでタイのカオゲーン。「コマさんのアジアン食堂 渋谷店」(渋谷)

長引く自粛ムードの中、オルタナティブな業態としてカレーを選択する飲食店が増えています。

居酒屋やBARなど夜の飲み食いメインのお店や、
ラーメンなど、テイクアウト対応が容易でないお店が、間貸しや二毛作でカレー業態を始める例が、とても多いのです。

こちらもそのひとつ。


「コマさんのアジアン食堂 渋谷店」

入口には「The New Order Table」とあり、店内には>「コマさんのアジアン食堂」以外に、アイドルのコラボカフェ、ヤンニョムチキンのメニューが共存していました。


ネット上ではそれぞれが別店舗として見えており、つまりひとつの店内に複数の業態、複数の看板が乗り入れた、いわばイートイン有りのゴーストレストラン的スタイルというわけです。

なるほど、ウィズコロナの飲食戦略としては大いにありですね。

ちなみにこの「コマさんのアジアン食堂」も渋谷以外に横浜や千葉にも展開しており(千葉はクローズ)、ビジネスモデルとしてのプロデュースがしっかり入っているようです。


メニューは横浜のエスニック料理店でコック長を務めていたというコマさんによるタイ料理がメイン。
タイ料理の人気定番、特にテイクアウトしたくなるメニューはいろいろ網羅しています。


★タイ風スパイスカレー ¥1408(税込)

「スパイスカレー」を謳ってはいますが、ジャスミンライスを中心に、グリーンカレー、レッドカレー、ガイトー、ガパオムーといったタイ料理、さらにキムチを盛り付けた一皿。
つまりタイ現地の屋台で、ゲーン(タイカレー)や色んな惣菜を指差しながら盛り付けてもらう「カオゲーン」(ぶっかけご飯)をスパイスカレー風に盛り付けたモノですね。


キムチが付いているのは同じ店内でヤンニョムチキンのお店も営業しているためと思われます。
各料理の肉が鶏むね肉で統一されており、とりわけ贅沢サイズなのも、食材仕入れの共通化がなせる技ではないでしょうか。

なるほど興味深い。

料理は全般味しっかりめで、ひとつひとつがちゃんと満足感高い仕上がりに。
個人店とはまた違う、手慣れたツボの押さえ方をしていますね。


実店舗リスクを分散するこのやり方、今後どんどん増えてくるのではないでしょうか。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

コマさんのアジアン食堂 渋谷店



関連ランキング:タイ料理 | 渋谷駅神泉駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/5132-590bcfb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)