FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

渋谷に南インド料理の名店、そしてあの名シェフが来る!「南インド料理 アーンドラ・ダイニング 渋谷店」(渋谷)

渋谷インド料理事情が大きく動きました。
あの、押しも押されもせぬ南インド料理の名店「アーンドラ・キッチン」がまさかの渋谷進出です。

アジア現地式料理にとって、いろんな意味で(価格面、偏見面含め)敷居が高かった渋谷。この世の中の特殊事情がプラスに動いているのかも知れません。

場所は宇田川交番先、2021年3月に開業した『HULIC &New UDAGAWA(ヒューリック アンニュー 宇田川)』の5階。


「南インド料理 アーンドラ・ダイニング 渋谷店」

周囲はまだまだ空きテナントが目立つため、オープンしているのか不安に見えますが、迷わず入りましょう。


かなり広く余裕のある店内。
まだお客さんはひとりもいない様子です。

見晴らしは最高。

窓の外には「OUTBACKS STEAKHOUSE」。
これ見たら場所わかる方も多いはず。

メニューを見てみましょう。

主たる南インド料理はひと通り揃っています。
一部、ナンなど北インド系や、インディアンチャイニーズも。

しかし何と言っても初回に頼むべきはこちら。

ミールスです。


★スパイシーソルトラッシー ¥450(税込)

甘くない、しょっぱいラッシーで料理を待ちます。
さささ、やってきましたよ。


★アーンドラミールス ¥2150

マトンカレー、チキンカレー、パラックパニール、ジャガイモのポリヤル、
ラッサムにサンバル、パパド、バスマティライス、チャパティ、アチャール。
ノンベジミールスとして隙のない構成です。


「アーンドラ・キッチン」及び「アーンドラ・ダイニング」はその名の通り南インド、アーンドラ・プラデシュ州の料理が基本。
ですが、南インド各地の料理エッセンスもしっかり取り入れています。


まずは一品一品いただいてみます。

・・・ヤバい。

全部味がキマリ過ぎている。
チキンカレーはココナッツが効いて安定の旨さ、マトンは肉の比率がめちゃくちゃ高い肉肉しさ。マトンカレーって兎角カレーに旨味が出過ぎて具材の肉はスカスカになってる場合も多いのだけれど、これは肉自体の食感も美味さもしっかり。


サンバルにはちゃんとドラムスティックが一本。いちいち本気。


こちらのアチャールは生コリアンダー、つまりパクチーなのだけど、マスタードオイルバキバキのインパクトある味付け。

なんだなんだ、この華やかながらズドンと決まる味付けは・・・

いくら名店と言えど、支店をオープンした直後ってのはチューニングが安定しない場合も多いのだけど。

あ。と気づき、店員さんに尋ねてみました。

「ラジャさんは、今・・・」

すると、「ラジャさん、今いますよ。」

やっぱりそうだ。道理で!


ラジャさんは私が初めて「ちゃんと」南インド料理を食べた中目黒「シリバラジ」の当時のシェフ。
その後「ヴェジハーブサーガ」の超グルメオーナーによるシェフ100人オーディションに勝ち残り初代シェフに就任。
さらに「アーンドラ・キッチン」が銀座に支店を出す際引き抜かれ、本店を任された凄腕シェフ。

その名シェフが、渋谷店オープンに伴いこちらに移ってきたのです。
そりゃあ美味いはずだよ。


フロアを仕切るのはサンデスさん。
「アーンドラ・キッチン」の名物店員だったサントスさんに誘われ御徒町本店で勤務。(名前が似てる!)
ラジャさんとコンビで渋谷に移ってきました。

ちょっとちょっと、渋谷にこんな凄いスタッフがやってきたのに、客がいないなんて勿体ないにも程がある!


ミールスは、好きなものをおかわり自由。
サンバルは、二回目頼んでもしっかりドラムスティックが入っていました。
しっかりしてますね。


サンデスさんによるマドラスコーヒ―のサービス。



ミールスについていた印度のデザート、マイソールパックとともにいただきます。


渋谷ではちょっとあり得なかった、至福のひととき。

こんな素晴らしい料理が自粛で無駄になるなんて勿体なさすぎるし、そもそもラジャさんの料理は味濃いめなのでお酒にも合う。となるとテイクアウトの家飲みにもおススメできる。

ということで、ちょっと熱がこもったツイートをしてみると・・・

https://twitter.com/hm_currycell/status/1386966707613274112?s=20

めちゃくちゃ反響ありました。(一日で100万インプレション!)
翌日は満席でテイクアウトが凄く出たとか。

よかったよかった。

実はラジャさん、東京トップクラスのドーサの名手でもある(「ヴェジハーブサーガ」時代、インドのありとあらゆるドーサを作ってもらうドーサ祭りをしてもらったことも!)ので、次回は絶対ドーサをキメる!

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

Andhra Dining SHIBUYA店



関連ランキング:インド料理 | 渋谷駅神泉駅

関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/5082-487393a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)