fc2ブログ
2024/02/07

Post

        

米沢市民のソウルフードは牛じゃなく羊って本当?酒と羊とスパイスが堪能できる夢の国へ。『なみかた羊肉店』(米沢)

category - カレー&スパイス・山形県
2024/ 02/ 07
                 
世間一般に「米沢」と聞けば「牛」と思うでしょう。
けれども、米沢の皆さんが普段親しみ食べているのは牛肉より羊肉、という話があるんです。

え!ほんと??

そんな米沢の羊食文化を象徴するようなお店がこちら。

昭和33年創業。

『なみかた羊肉店』



建物や車両には「義経焼」の文字が。
「米沢市民のソウルフード」とあります。

皆さんも聞いたことがあるかも知れません。
兄、源 頼朝に討ち取られたとされる「牛若丸」こと源 義経ですが、
実は生き延びて大陸に渡り、成吉思汗(ジンギスカン)と名を変え一大帝国を築いたのだという伝説を。

この「義経焼」という呼び名にはそんなロマンが込められています。

お店の1階はお肉の販売所。


2階が広々としたお座敷のあるレストラン『めえちゃん食堂』になっています。

『なみかた羊肉店』4代目店主の行方進之介さんは20代で45ヵ国を巡り、世界各国の羊肉文化を追及。
そんな中、当然の成り行きとして様々なスパイス料理にも触れてきたことから、現在の『なみかた羊肉店』はスパイス料理の要素も兼ね備えたお店となっているのです。

オーダーはタブレットから。

山形県と言えば外せないのは日本酒。
ここでも流石のラインナップなのですが、旅行者にとってありがたいのは、飲み比べセットがあれこれ用意されていること。
しかも安い!安すぎてビックリ!!


★我山流 四種飲み比べ ¥980

米沢が誇る「新藤酒造店」の代表銘柄「我山流」、そのラインナップを飲み比べるという有難いセット。


★山形 酒蔵の梅酒 三種飲み比べ ¥650

山形の東光吟醸梅酒、山形正宗純米梅酒、上喜元純米梅酒の飲み比べ。


★十四代 飲み比べ ¥1380

銘柄は時期によって変わるようです。


とにかくいろいろあってキリがありません。
いろんな種類が楽しめて、日本酒好きにはパラダイス。

他にも地元のクラフトビール「米沢ジャックス ペールエール」なんかもあって、楽しみは尽きません。

おっと、料理に行ってみましょう。
もちろん、羊尽しで。


★ラムチョップ(1本) ¥880

上質な赤身のロースと甘味のある背脂を一度に味わえるラムチョップステーキ。

自家製の熟成発酵させた超大粒マスタードとバルサミコ酢ソースをつけていただきます。
流石というか、ジューシーな弾力、あふれ出る旨味がたまりません。


★幻のラムタン焼 ¥1650

これにはビックリしました。
柔らかく弾力ある噛み応えはちょっと他では味わえないもの。
米沢に来たら絶対試していただきたい贅沢品です。

その他、燻製仔羊タンをのせた「いぶりがっこ」のポテトサラダや、「鶴橋産のキムチ」、油淋鶏やパーコーのようなスパイス使いの「ラム唐揚げ」などを堪能しまくりつつ、そろそろメインの料理に行ってみましょう。


★元祖 義経焼 一人前 ¥1390

この日はスペシャル、ご店主の行方進之介さん自ら焼きに来てくださるという!!

いわゆる「ジンギスカン鍋」でキャベツとともにじっくり焼いてゆきます。


見てください、これが焼き上がりの手本。
昔からの製法で味付けもしっかり、肉の旨味もしっかり堪りません。

ちなみにこちら昔ながらの定番メニュー『元祖 義経焼』は冷凍ラム肉を使用しているのですが、
生ラム使用バージョンの『牛若丸焼』というのもあり、こちらはさらに肉の柔らかさが堪能できます。


★愛盛りジンギスカン(3種の部位盛り合わせ) ¥3280

こちらは美しい羊の赤身、肩ロース、赤身上モモ、ショルダーの三種の組み合わせ。
一度も冷凍することなく、28日間以上熟成させた「熟成生ラムジンギスカン」。

いやもう。
東京で食べたらいくらするんだろう・・・

羊肉をこれでもかというほど堪能しまくって実感したのは、羊っていくら食べても脂の重みというのが無いんですよね。

そうか。なるほど。

米沢が全国に誇る「米沢牛」は確かに美味いけれど、普段食べるには脂がリッチすぎる。
こちらはおもてなしや特別な日の肉というわけだ。

一方の羊肉は、旨味は濃厚なれど脂は軽やか。
食べ慣れた人にとってはこちらなら日常的に食べられるというわけだ。

しかもめちゃくちゃリーズナブルなわけで。

聞けば学生さんたちが学校帰りに立ち寄って羊肉を食べて行ったりもあるそうで、ほほう。
米沢でここまで羊肉が愛されているとは、全く知らなかった事実なのです。

〆はこちら。

★羊屋謹製バターラムカレー ¥650

カレーに最適な仔羊モモ肉を柔らかくなるまでじっくり煮込み、独自ブレンドした13種類のスパイスで仕上げた北インド風のカレー。いわゆる「バターチキン」の羊肉バージョンですね。
米は米沢産「つや姫」を使用、バターやクリーム感は抑えめで、羊肉の食感と旨味を活かしています。
羊肉の専門店だからできるチューニングで、カレー好きなら食べておくべし!!

さらにデザートも。

★羊乳チーズとはちみつのジェラート ¥370

羊乳で作った「ペコリーノロマーノ」使用。
ここでも羊にこだわるのはあっぱれというしか。
店主がイタリア中部のプラトヴェッキオ・スティーアで羊を飼いながらペコリーノチーズを生産する農家さんを訪ねた際、
いただいたデザートに感激して作ったそうです。
これめちゃくちゃ美味いです。今すぐまた食べたい。

最初から最後まで酒酒酒と羊羊羊で押し通しつつ、ここまで幅広い楽しみ方ができるなんて、まさに酒と羊のテーマパーク。
ここを目的に米沢へ来ても後悔はしないはずです。

「米沢に行ったら羊」

ぜひ覚えておいてください。

「カレー細胞」Facebookページ

●twitterあらためX「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:居酒屋 | 米沢駅

関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント