FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

カレー細胞プロデュース「東京カレーカルチャー」第2弾 ついに開催!

カレー細胞プロデュース「東京カレーカルチャー」第2弾 開催!



■会期:2021年2月17日(水)~3月9日(火)
■会場:西武池袋本店 各階=対象売場
2020年9月に開催し好評を博した「TOKYO CURRY CULTURE」の第2弾を開催。
「カレーはカルチャーだ。」さまざまなメディアで国内外のカレー情報を発信するカレーキュレーターのカレー細胞/松宏彰さんがイートインから雑貨まで東京の「今」を体感するカレーカルチャーイベントを監修。


[西武食品館地下1階 お食事ちゅうぼう]
■会期:2021年2月17日(水)~3月9日(火)
■会場:西武食品館地下1階(南A10)=おかず市場 イートインコーナー


人気店が週替わりで登場する「お食事ちゅうぼう」にて松宏彰さんがおすすめの名店を3週間にわたりご紹介。

《2月17日(水)~23日(火・祝)》
【大阪】お出汁とスパイス元祖エレクトロニカレー

2種出汁カレーあいがけ
価格:1,400円(1人前)
<くわしくはこちらをご覧ください>

《2月24日(水)~3月2日(火)》
[画像左下]【新宿】CHIKYU MASALA/チポトレ(燻製唐辛子)チキンのカシミールカレー
価格:1,300円(1人前)

《3月3日(水)~9日(火)》
[画像右下]【千歳船橋】Kalpasi/納豆羊豚キーマと酒粕白味噌ココナッツの2種盛りカレー レギュラー
価格:1,500円(1人前)

※ラストオーダーは閉店時間の30分前までとなります。最終日のラストオーダーのみ、閉店時間の1時間30分前までとなります。
※原材料や食物アレルギーにつきましては、売場販売員までおたずねください。
※交通事情、天候などにより商品の変更、または販売中止となる場合がございます。
※くわしくは売場係員におたずねください。

[西武食品館地下1階 おかず市場 特設会場]
TOKYO CURRY CULTURE
■会期:2021年2月24日(水)~3月2日(火)
■会場:西武食品館地下1階(南B11)=おかず市場 特設会場

カレーをテーマに松宏彰さんがおすすめする名店の食を取りそろえました。

《出店ブランド》
[画像左上]大戸屋/国産鶏のカレー黒酢あん
価格:600円(約200g)

[画像右上]【大阪】R Baker/牛ぎゅうカレーパン
価格:378円(1個)

[画像左下]【神奈川】髙久製パン/弦斎カレーパン
価格:251円(1個)

[画像右下]【宮城】Kikuchi Curry/仙台のごちそう牛タンカレー
価格:1,080円(1人前)

【銀座】つばめや/ビーフハンバーグカレー
価格:1,275円(1人前)

<くわしくはこちらをご覧ください>

[3階 POP UP SHOP]
TOKYO CURRY CULTURE
■会期:2021年2月17日(水)~3月9日(火)
■会場:3階(南B10)=婦人服フロア イベントスペース

カレー情報を発信するカレーキュレーターのカレー細胞/松宏彰さんが「カレー×ライフスタイル」「カレー×ファッション」「カレー×アート」「カレー×音楽」の4つの軸でカレーを感じるアイテムを監修。



■会期:2021年2月17日(水)~3月9日(火)
■会場:3階(南B10)=婦人服フロア イベントスペース

カレー情報を発信するカレーキュレーターのカレー細胞/松宏彰さんが「カレー×ライフスタイル」「カレー×ファッション」「カレー×アート」「カレー×音楽」の4つの軸でカレーを感じるアイテムを監修。

*カレー×ライフスタイル*
◆ポケットカレー
カレー細胞/松宏彰さんがプロデュースするポケットカレー第一弾をTOKYO CURRY CULTUREで先行販売。
胸ポケットに収まるサイズで、ふとカレーが食べたい時すぐ、温め不要でいただける新しいカレーのカタチです。スパイスの刺激たっぷりの牛キーマで晩酌のお供に最適。



●ポケットカレー【晩酌カレー】

価格:501円(1パック、100g)

*カレー×ライフスタイル*
◆アジアハンター
さまざまな有名店の食器などを手掛ける「アジアハンター」から、お家カレーをより楽しくする調理器具や食器をセレクトしました。


●インド鍋

価格:3,838円

*カレー×ライフスタイル*

◆カレー細胞が全国から味で選んだレトルトカレーが勢揃い。珍しい品が並びます。


●渡邊咖喱(ワタナベカリー)

ビブグルマン受賞「渡邊咖喱」が贈る、レトルトカレー。
チキンカリーは和出汁とスパイスの融合を押し進めたチキンカレー。黒カリーはイカ墨を贅沢に使ったポークキーマカリー。レトルトの枠を超えた旨さです。

●チキンカリー
価格:594円

●黒カリー
価格:648円

*カレー×ファッション*
◆ANOMA

スパイスの自然な形に魅了され、身に着けるものとして閉じ込めてしまいました。
お料理でもファッションでも日常の中に気軽にスパイスを!

[画像左上]●クリップ
価格:1,100円

[画像右上]●ピンバッジ
価格:1,100円

[画像左下]●ネクタイピン
価格:2,420円

[画像右下]●ネクタイピン
価格:2,860円

*カレー×アート*
◆アップリンク
渋谷・吉祥寺にある映画館「アップリンク」と「TOKYO CURRY CULTURE」がコラボレーション。映画監督ケネス・アンガーの作品からインスパイアされたスパイス酒キットを発売いたします。


視覚・聴覚を支配する映画に、味覚・嗅覚を支配するスパイス酒を併用することにより、さらなる表現効果を生み出すべく開発された、特別なスパイスMIX。好みのお酒(750mlに一袋が目安)に2週間以上漬け込むことにより、作品の世界観を増幅するスパイス酒が完成する。これはもう「飲む実験映画」。

●ケネス・アンガー・スパイス酒MIX<ルシファー・ライジング>


酒を蒼く染めるバタフライピー、痺れを呼ぶネパール山椒ティムル。サイケデリックな高揚感を欲するときに。
価格:825円

●ケネス・アンガー・スパイス酒MIX<花火>


ピンクペッパーと大人の香り漂うスパイス、そして酒の中に開く薔薇の花びら。作品の持つ倒錯的なエロスをスパイスで表現。
価格:880円

●ケネス・アンガー・スパイス酒MIX<スコピオ・ライジング>


世界トップクラスの辛さを誇る唐辛子「スコーピオン」に、ハイビスカスなどでフェティッシュな香りを加え、脳天をドライブさせるスパイス酒を実現。
価格:935円

*カレー×アート*
◆CURRY & PEN

Instagramに食べたカレーをイラストでUPし話題の平野茜さんによるアカウント「currykko」がついに書籍化!
眺めるだけで幸せになれる一冊です。
価格:770円

★平野茜さん profile
カレーイラストレーター。美味しい美しい一皿の観察日記を書いています。

[EVENT]オーダーメイドスパイスイベント
■会期:2021年2月23日(火・祝)・3月2日(火)・9日(火)
■時間:各日午後2時~7時
■会場:3階(南B10)=婦人服フロア イベントスペース

東京のスパイス文化の発信地「東京スパイスハウス」からオーナーの川久保美希さんが来店。
お好みのスパイスをブレンドし、オーダーメイドスパイスをお作りいたします。

※使用するスパイスにより価格が異なります。
※くわしくは売場係員におたずねください。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/5026-cd5a7aba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)