FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

多様性の街・別府の本格スリランカ。「ランカハット」(別府大学)

海外からの留学生も多い、日本屈指のダイバーシティタウン別府にある本格スリランカ料理店。

「ランカハット」

2019年9月4日オープン。
九州のスリランカ料理といえば福岡で独自進化した「ツナパハ」系のお店(名古屋の「台湾ラーメン」のようなご当地料理です)が多いのですが、こちらは本国仕様のレストラン。さすが別府。

街を歩けばスリランカ人をよく見かける別府。
砂湯を体験したとき、スコップを持っていたのもスリランカ人学生だったし。
この日の店番も立命館アジア太平洋大学(APU)のスリランカ人留学生でした。


★ライオンスタウト ¥650

スリランカ料理店に来たらまず、これを頼まねばなりません。
アジア最古のプリュワリーによる美味すぎる黒ビールですよ。


料理のオーダーは基本ベースと好みのカレーを組み合わせるシンプル方式。
これなら単独訪問でも量が調節できて良いですね。


★Rice & Curry set(ダル+チキン)¥900

辛さは辛口をチョイス。

チキンカレーは鶏肉のクオリティにうるさい大分らしく、弾力、歯応え、かなりしっかりした鶏肉を使っています。
そして、グレービーがなかなか素晴らしいクオリティ。
ブラックペッパーをガツンと効かせた味つけがかなり好み!


ダルにはカラピンチャたっぷり。こちらも文句つけようのない仕上がりだなぁ。

ライスはもっちりした日本米。
現地の米を合わせるのも良いけれど、せっかく美味しい日本の米に合わせたチューニングも大いにあって良いと思います。

プレートにはサンボルもモジュも付かないシンプル構成ですが、逆にササッといただけるカレーとして優秀。
副菜つけて単価上げるより、この方が学生さんは嬉しいでしょうしね。

現在はAPUのスリランカ留学生に間貸しもしているというこのお店。
日本という異国でも安心し、助け合える場所がちゃんとある。
別府はそういう街なのですよね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ランカハット



関連ランキング:スリランカ料理 | 別府大学駅

関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4985-4431fdcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)