FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ドンピシャにツボるカレーと珈琲の香り。「かりい食堂」(高円寺)

「日本のインド」と呼ばれていた昔よりもさらに、カレーの街としての存在感を高めつつある高円寺。
その中でもバチバチに美味いカレーを提供するお店がこちら。


「かりい食堂」

合言葉は「さあ、ここではないどこカレ〜」。
インド、ネパール、パキスタン、大阪など各地のカレーエッセンスを取り入れた独自のカレーを提供するお店です。


店主の増川さんはカレー歴10年以上で、以前は高円寺の「豆くじら」や「ツバメおこわ」で間借りカレーを展開。
(当時は「仮居食堂」を名乗っていました)
その後「ツバメおこわ」が閉店したこの場所を継ぐ形で2019年12月8日、「かりい食堂」を実店舗オープンさせました。


メニューは定番のカーリーチキンカリーに月替わりのキーマ、副菜という構成。
夜はお酒とそのアテも提供しています。

この日はランチ訪問。
2種のカレーに加え、副菜全てがのったスペシャルをお願いしました。
調理中から咽返る様なスパイス香、これは間違いない予兆なのです。


★スペシャルかりいセット ¥1500
・カーリーチキンカリー
・ニポハーブキーマ
・キャベツとチリメンジャコのチッチョリ
・ニンニク芽のポリヤル
・レンズ豆と万能ネギのマイルドなカリー


おわかりでしょうか。
「映え」を過剰に意識せず、それでいて丁寧・端正な上質感があふれ出るビジュアル。
確かなカレー愛を感じますね。


・カーリーチキンカリー
こちらこの店定番の南インドカリー。
戦の女神カーリーの名を冠しているだけあって、ビシッとしたスパイス使いとええ感じの辛さです。
マスタードシード多めでしっかりとした個性も。
お店の定番として個性派カレーがあるのは素晴らしいですね。

・キャベツとチリメンジャコのチッチョリ
バングラデシュの野菜と小魚のマスタードオイル和え。

・ニンニク芽のポリヤル
南インドのポリヤルを中華アレンジで。

・レンズ豆と万能ネギのマイルドなカリー
ダールにも一癖入れてあります。

そしてズキュンとと来たのがこちら。

・ニポハーブキーマ
北インド風のスパイス使いのキーマに煮干し、大根、そしてタイのバイマックルーとレモングラスを使用。
ブツ切りな感じの煮干しを噛みしめると、キーマの肉汁に加えバイマックルーのさわやかな香りが鼻に抜けます。
あぁ、これで焼酎が飲みたいよ。

個人的には大層ツボった美味さのカレープレート。
これだけでも大満足なのですが、ここで終わらなかったのが素敵。

実はこの店、「郷土菓子研究社」による世界のお菓子も扱っていたんです。


コーヒーとともにいただいてみましょう。


★シェチェルブラ ¥400

こちらなんと、アゼルバイジャンの郷土菓子。
パイ生地の中はザクザクとした粗糖、クルミ、そしてカルダモンの香り。
表面の細かい模様は専用のピンセットで描かれているのだそう。
手間!

甘くエキゾチックなお菓子には、濃いコーヒーが似合います。

★コーヒー +¥200

豆は阿佐ヶ谷のロースター「ブラウンチップ」から仕入れているそう。
スパイシーなカレー、甘い菓子に負けないアロマと軽やかな飲み口。
これはドンピシャ好みの珈琲です。

「世界最高の珈琲は、カレーの後の珈琲である。」

私の説がここでも立証されてしまいました。

カレーのスパイス使い、異文化の組み合わせによる独自性、そして美味いコーヒーと、文句が漬けようがないお店。

ここはもっともっと評価されていいカレー店。
みなさん是非行きましょう。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

かりい食堂



関連ランキング:カレーライス | 高円寺駅

関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4956-17f0901f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)