FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

東宝脇に、ネパールの聖なる山。「マウント・フィッシュテール」(成城学園前)

成城学園前駅から徒歩12分ほど。
東宝撮影所近くにある本格ネパール料理店。

「マウント・フィッシュテール」

オープンは1999年。
ネパール人によるインド料理店、通称「インネパ店」がひしめくこの地域で、ここまでネパール料理を全面に押し出して長く続けているお店は他にありません。

店名はネパールの聖なる山マチャプチャレから。
頂が2つに分かれ魚の尾のように見えることから「魚の尾」を意味するマチャプチャレという名がつけられたそうです。


店内の雰囲気は完全にネパールの「ガル」。
チャンなどネパールのお酒からカクテル、クラフトビールまであって、飲みたい気持ちはフルマックス!
しかもランチタイムからハッピーアワーだってんだから、ヤバいにもほどがあります。


反対側にはテラス風の席もあり、居心地は最高ですね。


ランチメニューはナンがついたいわゆる「インネパ」的なメニューが主。
ですが、本式のネパール料理を求めてきた方もご安心。
ランチタイムむグランドメニューからのオーダーが可能なんです。

グランドメニューにはネパール料理がズラリ。



これはワクワクします。
ますます飲みたくなりますがガマンガマン。


食前にはスープが提供されます。

今回オーダーしたのはこちら。

★カリーチャウチャウ ¥1200+税

ネパールのカレー焼きそば。
ですけど一般的にネパールの焼きそばはチャウミン(チョウメン)で、インスタント麺がチャウチャウ。
こちらはインスタントじゃなさそうだからカリーチャウミンでも良さそうなのですが・・・・
この辺どうなっているんでしょう?詳しい方教えてくださいまし。


野菜たっぷりの焼きそばにチキンカレーソースがどっぷり。


なかなかのボリューム、「ジャポネ」のロメスパをイメージしていただければ。
元々の辛さは控えめ。
けれど食べ進むにつれ刺激が欲しくなってきたときには、添えられたプリックナンプラーをかけ味変してみましょう。
うん、後半ペースが上がるぞ。

インネパ的ではないネパール料理をいただきつつ、カレーもしっかり摂取するという、一挙両得な一皿でした。


食後はサービスでダヒ(手作りヨーグルト)。

お腹いっぱい、とってもリラックスできたランチでした。

さて、ここからは呑兵衛タイム・・・・といきたいところですが、今日は我慢。

我慢。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

マウント・フィッシュテール



関連ランキング:ネパール料理 | 成城学園前駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4893-33729925
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)