FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

震災復興と鉄人28号 「神戸鉄人カレー」(新長田)

15年前の昨日、1995年1月17日火曜日未明。
マグニチュード7.3の巨大地震が神戸を襲いました。

東京にいた私は知人の電話で起こされ、
TVをつけると、かつて見慣れた神戸の街から巨大な黒い煙が立ちこめたヘリからの映像が映るばかり。
神戸の実家への電話もつながらず、報道も詳細が伝わってこず・・・
まさに夢うつつの朝であった事を憶えています。


死者6434人、重傷者1万683人、
全半壊家屋約25万棟余りの被害を出した阪神・淡路大震災。


・・・一週間後、
ようやく神戸に戻った私が見たものはまさに「文明社会の崩壊」でした。

大阪からの電車は三ノ宮まで。
その先はバスか徒歩での移動のみ。
満員のバスに殺到する人々。
その前を涎を垂らし、正気を失った高笑いで走り回る男の姿。

モダンで気位が高かった港町神戸っ子の姿はどこかへ消え去り、
混沌の霧が周囲に立ちこめていました。

ビルが倒壊した地面、
永きに渡り眠っていた植物の種はアスファルトのひび割れから一斉に芽吹き始めています。

ここぞとばかりに大阪からやって来た軽トラックの群れ。
三ノ宮の高級商店街ではショーウィンドウが破られ、金品はトラックに積み込まれてゆきます。

強奪、そして暴行。

そんな中、住民支援の炊き出しを始めたのが、
神戸を拠点とする「暴力団」山口組の側であったのは、まさに皮肉というべきか。

凸凹になった山陽電鉄の線路の上を、
大きな荷物を背負って歩く人の群れに混じり、たどり着いた実家。

家屋は半壊したものの、幸いにして私の家族は全員無事でした。


しかし、軽々と「良かったね」とはいえない現状が神戸の街を包んでいました・・・


翌日、私は高校時代の思い出の地、新長田を訪ねることに。

新長田は昔ながらの木造長屋が連なる下町で、
神戸の中でも最も被害が大きかったといわれていた場所。

実際、そこに広がっていたのは、瓦礫、瓦礫、瓦礫の山。

高熱でグニャグニャになったコカ・コーラの自動販売機からは、
黒い、巨大な泡がまるで筋子のように溢れています。
おそらくコカ・コーラの泡がプラスチックと融合して固まっていたのでしょう。

それほどの火災被害。

私がよく通っていたカレー屋「印度屋本店」の姿ももちろんありませんでした。
まさに新長田の町は「消滅」したかのように見えたのです・・・






そして・・・

15年の時は流れ、2010年。






神戸の街は奇跡的な「復興」を遂げ、もとのモダンな街へと再生。
かつての「印度屋本店」のカレーが山の上で復活を遂げたと知った私は、
念願かない1月2日にその「おらが茶屋」へと訪問を果たしました。
(その時の模様はこちらをご覧ください)
しかし「印度屋」のおばさんと昔話をしている最中に、私ははっとする言葉を聞いたのです。

「復興なんてありえないと思う。だってみんな散っていってしまったから。」

・・・そうなのです。

確かにこの15年で街や道路は綺麗になりました。
しかし、長きに渡る仮設住宅での暮らし、そして仕事不足は、
神戸の人々を散り散りにしてしまっていたのです・・・

私はかつて、再開発を推し進めようと画策する神戸市に抵抗し、
古い町並みと昔ながらの暮らしを守ろうと戦っていた新長田の人々を知っています。
市にとって、新長田という街は非常に厄介な存在だったのだろうとも思います。
それが、ある日突然、
全ての家屋の立ち退きが完了してしまったのですから。

・・・とても複雑です。

翌日私は、15年ぶりに新長田の駅を降りました。

全く新しい街に生まれ変わった新長田には、一つの観光名所ができていました。

「鉄人28号」

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
復興のシンボルとして2009年に完成した、
鉄人28号の等身大モニュメント。

原作の横山光輝さんが神戸出身であった関係で、
震災で最も被害の大きかった新長田地区の街おこし事業として始められた、
「神戸鉄人プロジェクト」の一環です。

昨年話題になったお台場のガンダムほど大きくはないですが、
その勇ましい姿には、
何者にも負けず強くたくましく生きる神戸の人々の想いが込められていています。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
街灯も鉄人デザイン。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
駅前の大丸新長田店では「鉄人28号と昭和のくらし展」が催されていました。
(2010年2月15日まで開催だそうです。)

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish

そして、このプロジェクトを支援するため大丸で販売されていたのがこのカレー、

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
「神戸鉄人カレー」

「鉄」の缶に入った「昭和風」のカレーです。
カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
販売はエム・シー・シー食品。
ここのカレーはレトルトでもなかなかのレベルなので信頼が置けますね。
カレーの売上げの一部は「神戸鉄人プロジェクト」に寄付されるとのこと。

・・・私はこのカレーを昨日、
震災からちょうど15年目の日に食べました。
本当の復興がくる日を願って。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
カレーは香味野菜、ココナッツやマンゴーチャツネ、
リンゴピューレなどが使われている、
オーソドックスかつフルーティな仕上がり。
辛さはあまりありません。

しかし濃厚です。

そして美味しいんです。

そりゃそうでしょう。

作る方も、食べる方も、同じ想いなのですから。



なんだか、鉄人カレーを食べて体が元気になった気がします。

カレーは人を元気にします。

カレー細胞 -The Curry Cell- by ropefish
街もカレーで元気になったら最高ですね。





大丸新長田店
神戸市長田区若松町5-5-1
電話:078-643-2951

・こちらのHPでも元気な新長田の姿がうかがえますよ!
「神戸・新長田濃厚コテコテにゅうす」

・ネットでも「鉄人カレー」が購入できるようになったようです。
KOBE鉄人PROJECT。昔懐かしい昭和のカレー神戸発!神戸鉄人カレー3缶セット 【KOBE...

¥1,575
楽天
※モバイル非対応

【缶詰専門店】昭和懐かし味カレー神戸鉄人カレー モニュメント缶 280g 12入(KOBE鉄人...

¥4,851
楽天
※モバイル非対応

ブログランキング参加中。
いつもクリックありがとうございます。
クリックはこちら

FLYING ROPEFISH!-ranking banner

食べログ グルメブログランキング
関連記事

コメント

18. 無題

>スープカレー職人メラさん
そんな繋がりもあったのですね。

震災前の町並みはもう、記憶の中だけの町になってしまいましたね。

  • 2010/01/20(水) 09:29:55 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

17. 無題

>クワンさん
あの辺りは、「新長田駅」という看板が無ければ判らないほど、町並みが変わりました。
しかしそんな中に立つ鉄人は強くて優しい顔をしていました。

  • 2010/01/20(水) 09:27:40 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

16. 無題

>らむこさん
沢山の人達が線路の上を歩く光景は、戦争映画で見るシーンそのものでしたよ。

  • 2010/01/20(水) 09:24:17 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

15. 無題

そういえば私も最初に入社した会社が神戸創業でした。
震災前の神戸は修学旅行で見た元町当たりくらいしか記憶にありませんが、もっとよく見ておくべきだったと思ってます。

素晴らしい記事をありがとうございます。

  • 2010/01/20(水) 02:11:40 |
  • URL |
  • スープカレー職人メラ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

14. そうだったんですか

昨年秋に新長田でお披露目直前の鉄人を見ましたが、あの辺はそんな惨状だったんですね。

昨年初めて見た神戸の街並みは異国情緒とノスタルジックに溢れた美しい街でした。

あの美しさの下には震災から立ち直った無数の力が隠れていたのですね…。

  • 2010/01/19(火) 23:56:38 |
  • URL |
  • クワン #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

13. ちなみに

長田のペットショップと歯医者に行ってました
湊川公園から先に行くほど、町並みは不自然に新しくなりますよね?
長田の知り合いが

戦争を知らないけど


戦争ってこんなんなんやろな って

言ってました…

  • 2010/01/19(火) 23:13:09 |
  • URL |
  • らむこ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

12. Re:そうなんですねー

>らむこさん
私も灘生まれですよ!
お子さんと同郷です(笑)

灘のカレーだと有名なのは・・・「橋」ですかね?

  • 2010/01/19(火) 23:09:04 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

11. そうなんですねー

>ropefishさん

そういわれると そうだった…な…

なんだか 頑張ろう神戸 って掲げてたけど 申し訳ないけど 明るさの裏には暗い感じは 否めない感じは あった気がします。

子供を産んだのも灘区です。よく灘区まで片道だけど歩きました。プラプラとカレーを食べるために?
色んな思い出のある街です。o(^-^)o

  • 2010/01/19(火) 23:05:13 |
  • URL |
  • らむこ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

10. 無題

>らむこさん
神戸にいたことがあるのですね!
おっしゃる通り、
街の再興は「目に見えるところ」だけ急ピッチで進められました。
今もそのいびつさがあちこちに残っているようですね。

新長田のそばめしやお好み焼きがグルメとして取り上げられるようになったのも、
震災後です。

おそらく町の方々が一致団結して盛り上げていったんでしょうね!

  • 2010/01/19(火) 19:44:16 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

9. 無題

>Vivianさん
是非買ってみてください!
お土産にいいし(ちょっと重いけど)、
カレー食べて復興支援ってのも粋ですよね。
缶の印刷も案外しっかりしているので食後はペン立てにでもどうぞ(笑)

  • 2010/01/19(火) 19:38:06 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

8. 無題

>しはいにんさん
おー!
そのお洒落なセンスはやはり神戸の血なのですね(笑)

神戸の震災後も被災者同士の間には自然に秩序が出来ていたようです。

怖いのは火事場泥棒ですよ。
彼等から大切な人を守るためにはやはり強くなければいけませんね。

ブログ本文の下の方にリンクを張った新長田のサイトでも非常食用のカレーを扱っていたはずですよ。

  • 2010/01/19(火) 19:32:57 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

7. 無題

>オニオンさん
先日の女子駅伝で兵庫チームは一区の34位から奇跡のごぼう抜きを見せ、最終的になんと4位でゴール。
兵庫県はもともとスポーツが盛んなところだったのですがただ一つ団結感がなかった。
ところが震災後物凄く団結感が生まれ、
以後今年まで毎年入賞を続けるまでになったそうです。

イチローの出現もそうですが、みんなの気持ちが一つになることほど強いモノはないですね。

  • 2010/01/19(火) 19:22:50 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

6. 無題

>むかわえりもさん
やはり町の復興は産業振興なんです。
いくら家があっても仕事が無ければ仕方がないです。

  • 2010/01/19(火) 19:12:52 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

5. こんにちは

わたしも新生神戸しか知りません。しかも旦那の仕事の都合で一年しか住んでませんでした。
わたしは湊川公園と新開地の間ら辺に住んでいました。私が住んでたマンションは新しく大通り沿いでしたが 一歩細い道に入ると古い住宅が並んでいたり 場所によっては全部新しい家やマンションが並んでいたりと不思議な街でした。
新長田にはそば飯を食べに行ったり 松方ひろきの寿司屋に行ったりしました。
元の街とは行かないかもですが
頑張ってほしいですね!

  • 2010/01/19(火) 16:40:37 |
  • URL |
  • らむこ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

4. 私は・・

新生神戸しか知りませんが、神戸の街が大好きです。今度行ったら、鉄人カレー絶対に買ってこよう!!

  • 2010/01/19(火) 12:03:31 |
  • URL |
  • Vivian #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

3. ボクの母方の実家は

神戸市北区青葉台です。

比較的被害の少ない地域でしたが、祖父母や親戚と連絡がとれずに家族で心配したことを思い出します。

ここ、東京でもいつ起こるかわからない大地震。

もしもの時には自分の身を守るだけでなく、誰かを助けことができる自分でありたいと思います。

そのためにも、鉄人カレーを保存食としてキープしておこうかな。

  • 2010/01/19(火) 09:12:46 |
  • URL |
  • しはいにん #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

2. 素晴らしい記事ですね・・

記事を読んで、また読み返して
涙がでました。
先週、神戸新聞記者の震災ドラマ
を見たばかりで。
私の知人は怪我ですみましたが
当時、連絡が取れず心配したことなどが
フラッシュバックしました。
助け合いが必要なときに、現実には
酷いことが起こってしまうんですね。
下町生まれの私は、ご近所付き合いが
なくなっているこの時代を、ただただ
懸念しております。
オリックスが優勝したときに、逆に
勇気をもらったことも思い出します。

  • 2010/01/19(火) 08:59:22 |
  • URL |
  • オニオン #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

1. そうですね

復興を遂げたと思われている神戸の中で、長田地区だけが人口減少、復興の遅れが顕著のようですが、そういう事情だったんですね
町の復興は人の熱意からですものね

  • 2010/01/19(火) 07:55:02 |
  • URL |
  • むかわえりも #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/489-216fcdfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)