FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

神保町で多彩すぎるスリランカ料理を堪能。「スパイシービストロ タップロボーン 神保町店」(神保町)

この10年、東京のスリランカ料理界を牽引してきた「タップロボーン」。
青山一丁目本店、門前仲町店に続く3店舗目は、東京カレーの聖地・神保町!


「スパイシービストロ タップロボーン 神保町店」

2020年3月16日オープン。
神保町駅2番出口からすぐの好立地ながらオープン直後にコロナ禍に見舞われ、まだまだ客足が伸びていない様子。
これは勿体ない、勿体なさすぎる!

ということでディナー訪問。
他店にはない、多彩なバリエーションのスリランカ料理を堪能してみました。


★スリランカ ライオンビア(スタウト) ¥700

アジア最古のブリュワリーによる、世界最高品質の黒ビール。
やっぱりスタートはこれじゃなきゃ。


★カトレット ¥650

魚の旨みが詰まった、スパイシーなスリランカコロッケ。
ビールによく合います。


★ネルン アラ テルダーラ ¥1250

「テルダーラ」はスリランカの炒め物。
この店にはすんごく種類があって迷うのですが、ナイスなチョイスができました。
分厚くカットされた蓮根とモルディブフィッシュ、カラピンチャ(カレーリーフ)のテルダーラです。
しっかり辛く、味も染み渡っており、正直メインディッシュとしての蓮根がここまで美味いとは驚きです。
一度試してみてくださいね。


★メンディス ゴールドアラック ¥600

スリランカの椰子焼酎アラックで南国気分が盛り上がります。


★エッグホッパー ¥600

ホッパーはパリッと薄いお椀型に焼かれた米粉クレープ。
こちらは中央部に卵が融合したタイプで、そのまま食べればほの甘く、
添えられた辛い薬味ルヌミリスを漬ければちょっとしたおつまみとして楽しめます。


★ビーフデビル ¥1450

「デビル」は中華の影響をうけた、スパイシー酢豚風の料理。
これまたバリエーションが多くて困っちゃいます。
ビーフは旨み凝縮した干し肉で、噛むたびギュッギュッと味がしみ出します。


★アラックコーク ¥600

油モノには、アラックのコーラ割りがオススメですよ。

さて、メインのカレー。
せっかくなら他にないものを・・・なんて思っていたら、なかなかスゴいのがありました。


★ニンニクカレー ¥1250
★ストリングホッパー ¥700
★ポルサンボール ¥650


チキンやポーク、海老など魅力的な具材のカレーが並ぶ中、ニンニクです。ニンニクだけが具材のカレー。
一体どういうものなのか・・・・??


一見、ココナッツミルクたっぷりの優しげなカレーですが・・・・


本当に中はニンニクの塊だらけ!
ココナッツミルクとニンニク、そしてカラピンチャの香り。
まぁ・・・禁断の味ですね。


合わせたのはストリングホッパー。
米粉を細く練り出し、円盤状にまとめたものです。
これをニンニクカレーに浸していただけば、素晴らしい相性を発揮。
実はこの店のストリングホッパー、他店よりも(タップロボーン本店よりも)細麺仕立てで、味がしっかりと染み渡るのです。


味変用に頼んだのがこちら、ポルサンボール。
削ったココナッツと唐辛子、カラピンチャに、モルディブフィッシュのチップを交え和えたふりかけです。

この、ニンニクカレー+ストリングホッパー+ポルサンボールの三位一体感がとても素晴らしい。
これ以上ないほどの組み合わせではありませんか。


★セイロンティー ¥500

食後はやっぱりスリランカ紅茶。
厳選された茶葉で、とにかく香りが濃厚!


★プレーンホッパー ¥500

最後のトドメに、プレーンタイプのホッパーを。
軽やかな食感がお茶請けにも最適ですね。

自粛開け再始動につき、お店が軌道にのるのはまだまだこれから。
オーナーのカピラさんも神保町店テコ入れのためお店にいらっしゃいました。

コンパクトなお店ながら、繰り広げられるスリランカ料理の世界は実に多彩。
テイクアウトメニューには、バナナリーフに包んだスリランカのお弁当「ランプライス」も。
こんな本格スリランカ料理を神保町でいただけるなんて、絶対見逃してはいけませんよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

引用

関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4820-f7272648
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)