FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

渋谷の中心でゾロアスター教。「カールヴァーン トウキョウ」(‪渋谷)

※2020年4月現在、渋谷スクランブルスクエア休業に伴い、こちらのお店も休業中。再開が待たれます。

2019年11月に開業した「渋谷スクランブルスクエア」。
ここにとんでもないお店が入りました。
飯能の絶壁に聳え立つ、規格外のアラビアンレストラン「カールヴァーン」がまさかの東京進出です。


「カールヴァーン トウキョウ」(CARVAAN TOKYO)

飯能「カールヴァーン」は自家醸造クラフトビールと珍しい中東料理が楽しめる巨大レストラン。
経営は飯能に本社を持ち、食品輸入などを行う株式会社「FAR EAST」。
飯能にホップ畑まで所有しており、イチから作ったビールを提供するとんでもないお店なのです。


アーチ状のエントランス。
どこかで見たことが・・・あ、そうか。
飯能の巨大エントランスを縮小してるんだ・・・・面白いなぁ。



店内はまぁ見事。
これが商業ビルの中か・・・と信じられないほど。
やはり中東から輸入してきている年代物の調度品が効いているんですね。


飯能の巨大店舗から渋谷のビル内テナントへということで、
メニューは結構絞り込んでいるのかな、なんて想像していたのですが、
主だったメニューが一通り揃っていてびっくり。


★バーレーワイン ¥1300

これ、ワインじゃありません。
渋谷「カールヴァーン トウキョウ」オープン記念に醸造された、渋谷限定クラフトビール。
ウイスキーの木樽で長期醸造した濃厚さ、花蜜糖やレーズンの香り。
確かにワインのようなビールのような不思議な味わい。
アルコール度数も14度となかなかの迫力であります。


★レンティル・スープ ¥700

レンズ豆と野菜の旨味が詰まったレバノンの定番スープ。
これ、意外なほど旨いのでまず頼んでみて。


★アラビアンプレート ¥2400

地中海アラビア諸国の伝統的前菜「メゼ」の6種類盛り合わせプレート。
ビジュアルインパクトもあり、いろんな酒のお供にもなりオススメ。
量もあるので2名以上で頼みましょうね。
プレートの内容はこちら。

なかでもフムスとファラフェルは(比較的)ポピュラーだと思うのですが、いやいやこのフムスとファラフェルがとにかく美味い。
フムスとファラフェルめちゃ美味いと思うことはあまりないけれど、ここのは美味いんです。
実力!


★エジプシャン・デーツ焼酎 ¥900

砂漠の遊牧民ベドウィンたちの旅の伴侶の酒、とのこと。
確かにがぶ飲みせず一口付けるだけでもエライ存在感ですね、
結構好きです。


★ゾロアスターカレー クミンライス添え ¥2000

飯能「カールヴァーン」でも話題になったカレーが渋谷にも。
ペルシャからインドに渡ったゾロアスター教徒(パールシー教徒)のカレーです。
あの「ボヘミアンラプソディ」でもフレディの実家がパールシーであることに触れられていましたね。
北インドらしくクリーミーかつカルダモンとトマトが効いた味わいで、チキンと卵の親子仕立てです。


付け合わせはジーラライス。
お一人様ならこれ一品とお酒+何か一品で満足できると思います。


★イスカンダル・プレート ¥2700

イスカンダルとは宇宙の彼方ではなく、アレキサンダー大王のペルシャ読み。
羊と牛の挽き肉を用いたアダナケバブ、鶏肉のシシュケバブにブルグル(挽割り小麦)ライス、フライドポテトと焼き野菜。
オスマン帝国最後の首都プルサで1850年代に誕生したケバブ料理とのこと。
渋谷で肉欲に餓えたら食べるべき一皿です。

さて、飯能「カールヴァーン」のもう一つの魅力は、デザートのクオリティ。
もちろん、忘れちゃいけません。

★オムアリ ¥700

いちじく、プラム、レーズンを入れて焼いたエジプトのライスプディング。
アッツアツでの提供です。
最後の最後まで、満たされまくりますよ。

ここまでメニュー構成を日和らず、クオリティ重視で、安売りしすぎないレストランが渋谷にでき、繁盛しているなんて、一昔前は考えられなかった。
渋谷スクランブルスクエアという「場」がもたらした展開ですよね。

※2020年4月現在、渋谷スクランブルスクエア休業に伴い、こちらのお店も休業中。再開が待たれます。

●「カレー細胞」Facebookページ https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4763-88cae1e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)