FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

誕生!ボンベイ系列のビリヤニ専門店。「ヒマラヤユキノシタ」(柏)

数年前から囁かれ始めたビリヤニブームも2020年、いよいよ本格化してきたようです。
デリー系の名店として知られる「柏ボンベイ」の西口店が、店名も新たにビリヤニ専門店としてリニューアル。


「ヒマラヤユキノシタ」

2020年3月10日オープン。
黒猫マークの看板が可愛いですね。


「ボンベイ西口店」時代のアンティーク調の家具は整理され、スッキリストイックな店内。
広い厨房内はスタッフ三人体制です。

「ビリヤニ専門店」といっても提供されるのは普通のビリヤニではなく、関東産コシヒカリを用い和テイストを入れた独自のビリヤニ。

カレー2種、タンドリーティッカなど副菜を盛り合わせたターリー仕立てでの提供です。

なるほど、これだとビリヤニかカレーかを迷う必要がない。
なかなか面白い試みかもしれません。


★鶏肉のビリヤニ ¥1000
・牛鶏ひき肉と黒胡椒のカレー
・ほうれん草とパニールのカレー
・カレーに漬けこんだ半熟卵 ¥100


おお!最早ミールスかっ!てな具合に豪華な一皿。
ビリヤニ、カレー2種、タンドリーティッカのほかにラッサム、ナスのアチャール、甘いライタ、アイスミルクチャイ、辛み追加のチリチャトニがついてきました。
カレー2種はキーマとサグパニールを選択。


まずカレー。
ほうれん草の素材感とパニールの食感のいずれもが活きたサグパニールがとにかくオススメ。
キーマはシャバっとしたウェットタイプで、黒胡椒が効いて引き締まった味わいです。
ラッサムは酸味がごくごく控えめでダルスープ的な優しさ・・・というかほぼダルスープ。
タンドリーティッカ、ナスのアチャールは安定のクオリティ感。

一通りの味見が済んだらカトリ(小鉢)を外に出し、ビリヤニをいただくスペースを確保しましょう。

コシヒカリで作ったビリヤニは、おこわご飯のような独特食感。
中にはしっかり骨付き鶏肉が入っています。
辛さも控えめで、なるほどこれは確かに和を感じますね。

カレーや副菜、そして辛味追加のチャトニを自由に混ぜ合わせていただきましょう。

パラッとしたインディカ米のビリヤニと比べると、流石にモッチリ腹持ちが良い食べ応え。
ライスの量は通常250gでの提供のところ、ちょい少なめの200gでお願いしましたが、それでも充分な満腹感が得られました。


★野菜のビリヤニ ¥1200
・バターチキンカレー
・豚肉と玉ねぎのカレー
・自家製マヨネーズのコールスローサラダ ¥100


こちらは他の肉系ビリヤニより価格設定が高い(牛肉と同じ)ベジビリヤニ。
特製ソースで下味をつけた野菜が入っています。

バターチキンは甘くクリーミィかつ繊細な味わい。
豚肉と玉ねぎのカレーはこの店では一番辛め(といってもそれほどではない)で、立派な豚バラが用いられています。

元々ムスリム料理のビリヤニですから豚肉の組み合わせは他ではあまり見ないのですが、こちらは和風ですし店名にもヒマラヤとあるしで、その辺り自由であります。

そして、オプションでつけたコールスローがなかなか良いです。
クスクスかっていうほど細かい刻みで食感が良くオススメ!


★ハイボール ¥500

この日ビリヤニに合わせたのは濃いめに作ってくれたハイボール。
ビリヤニと相性の良いコークハイボールもあるとなお嬉しいですね。

「柏ボンベイ系列のビリヤニ専門店」という事前情報以上に独特で、個性的なお店。
随分思い切ったものです。

一口にビリヤニと言っても実に様々なお店が登場してきました。
2020年のビリヤニブーム、その展開に注目ですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ヒマラヤユキノシタ



関連ランキング:インド料理 | 柏駅

関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4752-fc7409b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)