FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

戸田公園の濃厚ネパール空間。「ヤニマヤ ネパールインドレストラン」(戸田公園)

最近埼玉県のカレー事情がぐんぐんレベルアップしてきています。
JR埼京線戸田公園駅西口からすぐにあるネパール料理店、ここがなかなか興味深かった。

「ヤニマヤ ネパールインドレストラン」

2019年3月11日オープン。
店名に「ネパールインド」とあるのでいわゆるインネパ店かと思いきや・・・


200%ネパール!!!
これは凄すぎる内装だ!


壁面を覆いつくすネパールの煌びやかな刺繍布。


民俗博物館かっ、てな具合のカウンター席。

この空間だけで来る価値があるってもんです。

席に着くとまず、ウェルカムサービス。

胡椒が効いたチキンスープです。
芯から暖まりますね。


★ロキシー ¥585

1杯目はネパールのヒエ焼酎。
水割りでいただきました。

お通しはこちら。

ムラコアチャール、大根の漬け物です。
これがなかなかの美味。
マスタードオイルとニンニク、赤唐辛子でガッツリインパクトある味付け。
これは酒が進んでしまいます。


★チキンチョイラ ¥490

タマネギたっぷり、ガリッガリに炒られたフェヌグリークたっぷり。
食べ応え充分ですね。

さて、ネパールの国民食ダルバートはチキン、マトン、ベジタブルが選択可。
マトンはなんと、山羊肉を用いているそうです。

★ダルバート・マトン ¥950

オーダーから意外に早くやってきました。
早速いただいてみましょう。

ライスはインディカ米。
ダルスープはサラサラというよりとろみある仕上がり。
メインはウラドダルです。

そしてマトンカレー。
皮と骨を取り除いているからか、山羊特有のクセはなし。
肉の噛み応えはしっかりで、お酒にもよく合いますね。


ムラコアチャールはお通しのと似たバージョンに加え、作り立てのフレッシュなバージョンも持ってきてくれました。
くたっとして味がしみたのも良いけれど、シャキッとフレッシュなのも良いですね。

しっかりとした満足感でいただきましたよ。

お店の奥には何故かゴルフの練習スペースがあるようで、隠し扉(というほど隠れていないけど)が開いてネパール人たちが出てきたときはちょっとビックリ。
こういうお店の作りも都心ではもちろんありえない。

埼玉だからこその、素敵な異世界体験でした。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ヤニマヤ ネパールインドレストラン



関連ランキング:ネパール料理 | 戸田公園駅

関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4707-36b5b9e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)